チャーミングな佇まいに加えて、時に狂気をも感じさせる芝居で“怪演女優”の異名をほしいままにする女優の松本まりか。女優デビューから20年を経てブレイクし、5月には連続ドラマ初主演を果たすなど、いまや出演作が相次ぐ“最旬女優”でもある。そんな彼女の“あざとかわいい”だけじゃない、これまでの軌跡を振り返っていこう。

◆“無敵状態”のスカウトを経て15歳で女優デビュー

 1984年、東京都・中野区で生まれた松本。小学校4年生まで暗い性格だったそうだが、そんな彼女も小学5年生の頃に空手を始めると、メキメキと頭角をあらわし黒帯を取得。性格の明るい女の子に成長した。地元の公立中学に進学すると、そのかわいさから街でスカウトされる機会も増えたそうで、昨年出演したバラエティー番組の中で松本は中学生時代を振り返り「あの頃はホントに無敵状態で、すごかったんですよ、歩くだけで(人が)ハッと振り返る」と回想。1日で2ケタにものぼるスカウトにあったことを明かしている。

 そんな“無敵状態”のかわいさを誇った松本は、スカウトを経て2000年に放送されたドラマ『六番目の小夜子』(NHK)で女優デビュー。本作で松本は、鈴木杏ふんする主人公の親友・雅子を演じた。ドラマ終了後も大河ドラマ『葵 徳川三代』(NHK)に出演するなど女優としてのキャリアを積みつつ、ファッション誌のレギュラーモデルにも挑戦。さらに彼女は、その印象的な“声”を生かした声優業にも進出し、アニメ『蒼穹のファフナー』シリーズの遠見真矢役やゲーム『ファイナルファンタジーX』シリーズのリュック役で注目を集めることになる。

◆『ホリデイラブ』で主演を食う存在感 個性派女優としてブレイク

 女優としてテレビドラマや映画に出演し、声優としてアニメやゲーム作品に参加しキャリアを重ねる松本だったが、誰もが“代表作”と認める作品にはなかなか巡り会えずにいた。

 そんな彼女に転機が訪れたのは、2018年1月期に放送された仲里依紗主演のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)への出演だ。この作品で松本が演じた里奈は、モラハラ夫・渡(中村倫也)から逃れて、単身赴任で妻・杏寿(仲)と離れて暮らしていた純平(塚本高史)との不倫に走ってしまうという役柄。

 里奈は卑劣な手を使って純平の妻・杏寿が不倫をするように仕向けたり、ネットを駆使して杏寿を追いつめたりと裏工作を展開。終盤に至っては純平と杏寿の娘に接触しうつろな笑みを浮かべて「未来のママよぉ…未来のママ…」とつぶやくなどその行動はエスカレート。最終回のクライマックスでは、里奈が純平の会社へ乗り込み大声で自身との不倫を暴露。警備員の制止を半狂乱で振り切り、走り出したところで車に追突されるという壮絶な顛末(てんまつ)を迎えることに…。松本は愛と幸せを渇望する里奈の一挙一動を、時にはかなげに、時に大胆に体現。本作での狂気が宿ったような彼女の熱演は、視聴者に“女優・松本まりか”の名を強烈に印象付けた。

 その後にゲストとして第9話と最終話に出演した『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系)ではお金に執着する毒親役を、そして山口紗弥加と2人1役を演じたことでも話題になった『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)では、根も葉もない不倫スキャンダルをでっち上げられたことから復讐(ふくしゅう)の鬼と化す女優を熱演。

 2019年以降も次々と話題作に出演。ディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)では、記念すべき第1話のゲストとして悪女役を好演。さらに米倉涼子主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』では、その美ぼうで男性医師を手玉にとる外科医を演じるなど、この時期、松本は1話だけのゲスト出演でも視聴者の心にしっかり爪痕を残し、“松本まりか”という女優の唯一無二の存在感を届けることに成功している。

 2020年以降も『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)や『教場II』(フジテレビ系)に出演。一癖も二癖もある悪女役で視聴者の期待に応えた。その一方『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)ではキュートな魅力あふれるお岩さん役でホラーコメディに挑戦するなど、演技の幅を広げている。

◆“あざとかわいい”でバラエティー番組に進出し人気拡大 満を持して連ドラ主演へ

 役者としての期待と評価の高まりに比例するように、松本の姿をドラマや映画以外の場所で見る機会も急増している。トーク番組では自身の過去の恋愛やプライベートについても赤裸々に語るサービス精神を発揮、“あざとかわいい”の代表とも言える存在となった。また大型音楽特番ではテレサ・テンの「愛人」をカバーし歌声も披露、帽子ブラの表紙が話題を集めた『松本まりか写真集 MM』(マガジンハウス)を発売するなど挑戦を続けている。2021年に入ると『情熱大陸』(MBS・TBS系)の放送やテレビCMへの出演、さらに『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、4月のマンスリーエンタメプレゼンターに就任するなど勢いは増すばかりだ。

 現在松本は、大地真央が主演を務める『最高のオバハン 中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)にレギュラー出演。10年ものの不倫を抱えるダメンズ女子・菊池いづみを演じ、ハルコ役の大地とコミカルな掛け合いを披露するなど、コメディエンヌとしての演技に磨きをかけている。

 そんな松本は次回作となる5月14日スタートの『WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て』(WOWOWプライム/毎週金曜23時)で満を持して連続ドラマ初主演を務めることに。このドラマで松本が演じるのは、幼なじみを殺害した容疑で逮捕される池松律子。律子に関わってきた複数の男たちの証言から、彼女の数奇な人生がひも解かれていく。夜叉のような女、娼婦のような女、嘘つきな女、柔らかな女、太陽のような女…と“いくつもの素顔”をもつ女に挑むにあたり、松本は「彼女のことを理解するのは前途多難だなと思っています」とコメント。今まで経験したことのないような大役への挑戦でどのような新境地を開くのか注目だ。

 これまで数多くの作品で変幻自在な魅力を見せてくれた松本。ダメンズ女子とファムファタールを同時期に演じ分けるなど、女優として新たなステージへ足を踏み入れる中、初の主演作でどんな進化を遂げるのか期待が尽きない。(文:スズキヒロシ)