女優のリリー・コリンズと俳優のサイモン・ペッグが初共演を果たしたミステリー映画『インヘリタンス』が、6月11日より公開されることが決定。予告映像と場面写真が解禁された。

 本作は、名家に隠された忌まわしき秘密を巡るミステリー作品。主演を務めたのは、映画『白雪姫と鏡の女王』『あと1センチの恋』やNetflixドラマ『エミリー、パリへ行く』のリリー・コリンズ。急死した資産家の父が遺した、家族にまつわる秘密を解き明かそうと奔走する検事を熱演する。一方、『ミッション:インポッシブル』シリーズの実力派俳優サイモン・ペッグが演じるのは、30年に渡り地下室に囚われていた謎の男。痩せこけ狂気を帯びた人物を演じるため6ヵ月に渡る肉体改造に挑み、体脂肪率6%の筋肉質な身体を作り上げた。監督は、『アニー・イン・ザ・ターミナル』のヴォーン・スタイン。

 ニューヨークの政財界に絶大な影響力を持つ銀行家のアーチャー・モンローが急逝した。アーチャーの遺産は妻と政治家の息子、そして地方検事である娘のローレン(リリー)へと相続された。さらにローレンへは、アーチャーからの「真実は掘り起こすな…」という遺言とともに1本の鍵が遺されていた。ローレンは遺言を頼りに、邸宅の裏手に隠された扉を発見。鍵は地下室への扉を開けるものだった。

 地下へ足を踏み入れたローレンは、鎖に繋がれた男(サイモン)を発見。モーガンと名乗るその男は、30年に渡りアーチャーの手で監禁されていたと語り始める。果たして、30年前の因縁とは。そこにはモンロー家にまつわる忌まわしき秘密が隠されていた―。

 予告映像は、突然亡くなった父から鍵を相続した主人公ローレン(リリー)が、その鍵を使って地下室の扉を開けるシーンからスタート。彼女がおそるおそる入っていくと、そこには男が囚われていた。ローレンの父の手により囚われたと語る男は、「父と過去に何が?」と問うローレンに「話してやろう。ヤツと俺との因縁を。あらゆる悪徳に染まった下劣な男だった。そしてー」と、過去の因縁と忌まわしき秘密を明かす。ローレンはそんな男の言葉に「ウソよ!」と叫び、やがて「何が真実なの」と精神的に追い詰められていく。果たして男は罪なき善人なのか。そしてローレンの遺産(インヘリタンス)とは。人気俳優の二人が繰り広げる、迫真の演技合戦の一端を垣間見ることができる予告編となっている。

 主演のリリーは本作について「ハラハラドキドキすること間違いなしのスリラーです。願わくば、ご覧になる皆さまが予想もできないような真相へお連れしたい。脚本を読んだとき、私は二度驚かされました。ローラーコースターのような体験をお楽しみください」とメッセージを寄せている。

 映画『インヘリタンス』は6月11日より全国順次公開。