俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第12回が2日に放送。長七郎(満島真之介)が涙ながらに栄一(吉沢)たちを説得するシーンに「圧巻だった」「迫力凄い」などの反響が寄せられた。

 横浜焼き討ち計画実行日が近づいてきたある日、長七郎が戻ってくる。長七郎は「こんな子ども騙しの愚かな謀はやめるべきだ」と主張し「お前たちの尊い命を犬死にで終わらせたくねぇんだ。なぜそれが分からねぇ」と涙ながらに訴える。栄一たちは焼き討ちの取り止めを決定。栄一は長七郎の訴えを聞いて、自分は間違っていたのだと実感する。

 今まで娘のうたを抱いたことのなかった栄一は、うたを市太郎の時のように失うのが怖かったといい、自分は臆病者だと反省。栄一は「かわいいな、うた。お前なんてかわいいんだ。許してくれ、うた」と涙を流しながら初めてうたを抱く。「うたを抱いたからには、自ら死ぬなんて二度と言わねぇ。どんなに間違えても、みっともなくても、生きてみせる」と誓うのだった。

 長七郎の涙ながらの説得や、栄一が自分は間違っていたと認めるシーンに視聴者からは「長七郎の思いに涙が出そうになりました」「圧巻だった」「長七郎の迫力凄い…」「自分の弱さを認められる奴は前に進めるし強い」「己の間違いに気づき、正せることは凄いこと」などの声が続出。また、毎回物語を解説する役どころとして徳川家康(北大路欣也)が登場する本作だが、今回登場したのは初の終盤ということで、視聴者からは「まさか最後に登場するとは」「家康さまに弄ばれた」「江戸幕府が終わっても家康コーナーは続いて欲しい」「最後に出てきたんでホッとした」などの反響が集まった。