アニメ『七つの大罪』シリーズの劇場板第2作『七つの大罪 光に呪われし者たち』より、原作者・鈴木央がお笑い芸人の麒麟・川島明とNON STYLE・井上裕介の特徴を投影して描いた魔神たちのビジュアル設定画が公開された。

 『七つの大罪』シリーズは、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった、いにしえの時代を舞台に、7人の大罪人により結成された王国史上最凶最悪の騎士団〈七つの大罪〉が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。

 原作漫画は、講談社「週刊少年マガジン」で約8年にわたり連載。単行本全41巻の累計発行部数は3700万部を突破し、現在は最終章となるテレビアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』がテレビ東京系にて放送中。劇場版第2作となる本作は、テレビアニメから続く“最終章のその先”を原作者・鈴木が描き下ろした完全新作オリジナルストーリーとなっている。

 劇場版で新たに登場する、〈十戒〉の1人でメリオダスの弟でもあるゼルドリスに仕える魔神A、魔神Bを演じているのが、麒麟の川島とNON STYLEの井上。漫画やアニメに造詣が深い2人がそれぞれが演じる魔神は、本人の特徴とパブリックイメージを投影したキャラクターとして鈴木が特別に当て描きして生み出された。

 今回公開された魔神たちのビジュアル設定画は、鈴木が2人を思ってペンを走らせたスピード感と迫力を感じさせるもの。鈴木は製作陣によるラフイメージとして初めて魔神のビジュアルを受け取ったときのことを、「せっかく声を当ててもらうなら、ちゃんと似ていたほうが、2人のファンもコレだ! と思って喜んでくれるはず。届いたイメージを見て、即座に描いて返信しました」と振り返る。

 そして、「顔の造形は似せたいと思いましたし、ご本人のイメージに合わせて、川島さんはあの良い声が似合う渋い魔神、井上さんはピエロっぽい恰好の魔神が良いかなと。ちょっとでも似ていたほうが絶対に面白いし、実際にそこに声が吹き込まれたときの仕上がりを見てほしい」と自信を見せる鈴木。ここからさらにブラッシュアップを重ね、川島、井上の両名によって息を吹き込まれた2体の魔神の活躍が期待される。

 『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』は、7月2日より全国公開。