NHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)の出演者らが14日、自身のインスタグラムを更新。同日に最終回を迎えた本作のオフショットを大量に投稿し、ファンから「最終回を迎えた今日だから、これはやばい」「泣けてくる」と大きな反響を呼んでいる。

 この日、俳優の前田旺志郎が「大好きな劇団員 千代さん 一平さん 天晴さん 徳利さん 漆原さん 香里さん 千兵衛さん 万歳さん 好美さん 真由美さん(写真なかった) そして僕を満州で助けてくれたヨシヲさん。みんな大好きです」と投稿したのは、本作の主演を務めた杉咲花とのモノクロ2ショットをはじめとする出演者と撮影した数々の写真。続いて別投稿にて「今日でおちょやん終わってしまいました…。ほんまにめちゃくちゃ寂しいです。でも、沢山の人に見ていただけた事は本当に嬉しいです」と感謝の言葉をつづりながら「また、松島寛治という役はとても愛されていて、毎話毎話の皆さんの感想を見るたび寛治として嬉しく思っておりました」と振り返った。

 続いて、劇中では惜しまれつつも「ナレ死」した千代の継母・栗子役を熱演した宮澤エマは「今ある人生 それがすべて 朝から泣きに泣きました。なんて素敵な千秋楽公演だろう。おおきに。おおきに!」と、こちらも感謝の言葉と共に自身の着物姿を披露している。

 一方、主人公・千代の幼少期及び晩年の千代の養女になる春子役を演じた毎田暖乃は「おちょやんに出会えたこと 幼少期の『千代』と『春子』を過ごした時間 すべてが私の宝物です」とこちらも感慨深げな様子を見せる。「こんなにも素敵な脚本を書いて下さった八津弘幸さんに心から感謝いたします 本当にありがとうございました」と、自身が花束を持って涙をこらえる様子の写真や岡田宗助役を務めたお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤と撮影した2ショットも公開した。

 また、鶴亀新喜劇の座員・石田香里役を演じた松本妃代も同日「石田香里という役を生きることができて本当に幸せでした。思ったことをはっきりと口にし、何度も周りとぶつかったりしながら、喜劇役者として成長していく彼女を通して、私もまた少し成長できたような気がしています」と、モノクロ加工が施された自身のソロショット、及び出演者の集合写真を披露している。

 これらの投稿に対し、コメント欄には「お疲れ様でした」「ハラハラドキドキ、泣き笑いの毎日で、楽しませて頂きました」「素敵でした。ありがとうございました」「本当に素晴らしかった」といった称賛の声が殺到。「最終回を迎えた今日だから、これはやばい」と思わず泣いてしまったファンも多数見受けられた。

引用:「前田旺志郎」インスタグラム(@oshiro_maeda)
   「宮澤エマ」インスタグラム(@emmamiyazawa)
   「松本妃代」インスタグラム(@kiyomatsumoto)
   「毎田暖乃」インスタグラム(@maida_nono_official)