7月7日スタートのドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)にダブル主演する女優の戸田恵梨香と永野芽郁が、6月某日、そろってクランクイン。併せて警察官役の2人が制服と装具を身に着けたシーンカットが公開となった。

 元警察官の泰三子が描く漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(講談社「モーニング」連載中)をドラマ化する本作は、凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らないお巡りさんの笑いあり涙ありのリアルな日常を描く交番エンターテインメント。

 元エース刑事で交番に異動してきた藤聖子役を戸田が、ひよっこ警察官の川合麻依役を永野がそれぞれ演じる。そのほか、ムロツヨシ、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬らが出演する。

 初日最初の撮影は、原作では「サンドバッグ」とタイトルが付けられた、道路で交通違反を取り締まるシーン。警察官が交通違反の切符を切って違反者に逆に怒鳴られる、交番に勤める女子の不条理を描く場面。永野演じる後輩・川合麻依は「頑張れば頑張るほど人に嫌われる仕事」と嘆き、戸田演じる先輩・藤聖子は、川合には聞こえない声で毒を吐きつつも、「警察官の主な仕事はサンドバッグ」と教える『ハコヅメ』の象徴的なシーンだ。

 撮影直前、警察官のブルーの制服と装具を身につけて現場入りした戸田と永野。一歩一歩、何かを考えるように静かにゆっくりと歩く戸田に対し、永野は対照的に真っすぐ前を見据え、さっそうと歩いて撮影場所へ。大きな声で「おはようございます」とスタッフとあいさつを交わす。

 助監督からの「本日からクランクインです。撮影初日よろしくお願いします」「藤聖子役、戸田恵梨香さんです」「川合麻依役、永野芽郁さんです」の声に、「よろしくお願いします!」と二人があいさつ、お辞儀をすると、スタッフから大きな拍手が。

 リハーサルを前に、入念に装具の感触を確かめて気持ちを高める戸田と、帽子の位置を微調整したり静かに空を見つめたりする永野。降り注ぐ太陽の下、和気あいあいとしたムードで、順調にリハーサル、本番と進んでいく。そして、監督から「オッケー」の声が。3時間に及ぶ撮影を終えた二人は疲れも見せず、「とても愛に溢れた撮影現場です(笑)」(戸田)、「3ヵ月、一生懸命頑張りますので、応援してください」(永野)と笑顔でコメントした。

 ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』は、日本テレビ系にて7月7日より毎週水曜22時放送。