俳優の眞栄田郷敦が、10月スタートのWOWOWオリジナルドラマ『キン肉マン THE LOST LEGEND』で、“本人役”として主演を務めることがわかった。眞栄田はWOWOWドラマ初主演。本作は、シリーズ累計発行部数7700万部突破のゆでたまごによる人気漫画『キン肉マン』(集英社)の実写映画化の謎に迫る俳優たちの奮闘を、ドキュメンタリードラマとして描く。

 眞栄田が演じるのは、『キン肉マン』の実写版映画『MUSCLEMAN』でウォーズマン役にキャスティングされるという役どころ。大きなトラブルに見舞われた『MUSCLEMAN』を何とか立て直すべく、“機械超人と人間のハーフ”であるウォーズマンの役作りに励みながら、共演者らとともに、実写版『キン肉マン』にまつわる不可解な現象に迫っていく。

 監督は『フラッシュバックメモリーズ3D』『山田孝之のカンヌ映画祭』など数々のドキュメンタリー作品を手掛けてきた松江哲明。これまで多くの作品でタッグを組んできた脚本家・構成作家の竹村武司とともに、新たなドキュメンタリードラマを描く。各話で登場するゲスト陣も全員本人役で出演する。

 眞栄田はドキュメンタリードラマに本人役で主演という新たな挑戦について、「最初は不安もありましたが、いざ始まると楽しさしかありません。どんな面白い展開になるのか、どんなことを仕掛けてやろうなど妄想や想像、ワクワクが止まりません。生きてるなーって感じです。泣くつもりのなかったシーンで自然と涙が出てくるほどのこの世界を生きてます。みんな」とを語る。漫画『キン肉マン』については、名前を知っている程度だったものの、「出演が決まってから漫画やアニメを見始めたらどっぷりハマってしまいました」と話している。

 『キン肉マン』作者のゆでたまご(嶋田隆司・中井義則)は「今回の企画を聞いた時、うれしさの反面『この企画は本当に実現できるのか?』という不安もありました。プロットを読むと『キン肉マン』を愛し、実写化に向けて突き進む俳優さんたちの熱い思いを面白おかしく描いていましたし、松江監督をはじめキン肉マン愛が溢れるスタッフさんの強い思いを感じて安心しました」とコメント。

 続けて「主演の眞栄田郷敦さんともお話しさせていただきましたが、スターの輝きを感じましたし、なによりキン肉マンを深く読み込んで分析、理解しているなと感心しました。眞栄田さんは本編でウォーズマンの役作りに励んでくださいますが、僕らはウォーズマンをまだ全てを描き切っていない、これからも進化し続けるキャラクターだと思っていますので、眞栄田さんとウォーズマンは身体能力の高さ、クレバーさ、今後成長し活躍するなど共通点が多く楽しみです。まだまだサプライズもあるのでファンの皆さんにも喜んでいただけると思います、ぜひご期待ください」とメッセージを寄せている。
 
 WOWOWオリジナルドラマ『キン肉マン THE LOST LEGEND』(全10話)は、WOWOWプライム、WOWOWオンデマンドにて10月放送・配信スタート。