子役の寺田心主演映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』より、本予告映像と本ポスター、新たな場面カットが解禁。映像には、1966年に日本で公開された大映の特撮映画のキャラクター「大魔神」が、55年ぶりに登場する場面が収められている。

 本作は、2005年に興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』平成版を、令和の新たな時代と共にスケールアップ。誰もが知る有名妖怪をはじめ、映画オリジナルの妖怪、さらに世界中のモンスターも加わり妖怪ワールドが拡大していく。数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺ケイを寺田が演じ、監督は2005年版に引き続き三池崇史が担当。製作総指揮に角川歴彦と荒俣宏が名を連ねる。

 フォッサマグナに眠る怨念の集合体「妖怪獣」の脅威にさらされる日本列島。この危機に立ち向かうため、妖怪たちは伝説の武神を復活させる手立てを講じる。そんな個性の強すぎる妖怪たちを前に、完全にビビってしまっている少年・渡辺ケイ(寺田心)。実は彼こそが、伝説の妖怪ハンター渡辺綱(わたなべのつな/北村一輝)の血を引く、人間と妖怪の最後の希望だった。

 このたび、日本の特撮界を代表するキャラクターのひとつである「大魔神」が、本作で55年ぶりにスクリーンに復活することが発表された。「大魔神」は、1966年に大映(現・KADOKAWA)が製作・公開した特撮時代劇シリーズ三部作(『大魔神』『大魔神怒る』『大魔神逆襲』)に登場する守護神で、「ガメラ」と並ぶ大映の特撮映画のキャラクター。劇中では、埼玉の将軍塚に眠る古代の巨大な武神として、古代の妖怪ハンターの血を引く渡辺兄弟(寺田心、猪股怜生)の手によってのみ蘇るという敵か味方か不明の設定での登場となる。

 これまで度々リメイクの話が持ち上がりつつも、実現には至らなかった「大魔神」。今回半世紀の時を経てようやく妖怪達と夢の競演を果たすことについて、三池監督は「今、この時代、大魔神が蘇るのは必然。ちょっと迷惑な愛の大暴走をお楽しみに!」と自信をにじませるコメントを寄せている。

 予告編は、そんな気弱な少年・ケイが、ほかの妖怪から「臆病者はかえって寝ていろ!」「わかったら返事だ!」と言われたじたじになる姿や、勇気を振り絞り「ぼくが相手だ!」と叫んで妖刀を引き抜き、その瞬間に≪TSUNA≫と光り輝く文字で書かれた鎧姿になる場面などが収められている。

 映像にはさらに、怒りの表情でにらみつける「大魔神」の姿、狐面を取り素顔を見せる狐面の女(杉咲花)、手下の808匹の狸と一斉に腹を打ち鳴らす隠神刑部(大沢たかお)、さらには雅楽器を持った謎の三人の人物などが次々と登場。そしてガレキとなった街の中、決戦へと向かう妖怪たちと大魔神。そんなにぎやかな世界観を、いきものがかりが本作のために書き下ろした主題歌「ええじゃないか」がより一層盛り上げる、ド派手な予告となっている。

 さらに今回、本ポスターと新たな場面カットも解禁。本ポスターは、巨大な妖怪獣と大魔神を背景に、勇ましく妖刀をかまえるケイと個性的や妖怪たちがずらりと並んだもの。その横には「超絶バトルがデッカく始まる!」というコピーが添えられている。場面写真は、大魔神、狐面の女、隠神刑部のほか、ケイと共に大魔神の肩に乗る弟ダイ(猪股怜生)の姿も切り取られている。

 映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は8月13日より全国公開。