今夜6月11日23時放送のトークバラエティー番組『A‐Studio+』(TBS系)に、アニソン界の人気アーティストLiSAが初出演。ソロデビュー10周年を迎えた彼女の軌跡とルーツに迫る。さらに、映画『夏への扉‐君のいる未来‐』の主題歌「サプライズ」も生演奏で歌唱する。

 同番組では、落語家の笑福亭鶴瓶とKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔のダブルMCが、それぞれ独自の切り口やテーマにのっとりゲストの家族や友人、知人など、ゲストをよく知る関係者を自ら極秘取材。ゲストをさまざまな角度から徹底調査し、知られざるエピソードや他では見ることができない素顔を引き出していく。

 今回のゲストは、2011年のソロデビュー以降、『Fate/Zero』『ソード・アート・オンライン』『魔法科高校の劣等生』など数々のアニメ主題歌を担当し、2019年にはアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」が空前の大ヒットを記録。同年にNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、2020年には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」で「第62回輝く!日本レコード大賞」で大賞を受賞した。

 初めてLiSAに会うのを楽しみにしていたMCの鶴瓶だが、実は6年前に対面していたことをLiSAが明かし猛省。そんな中LiSAは、昨年大ヒットを記録した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」の製作裏話を語る。

 鶴瓶は、LiSAが今も変わらず親しくしている高校時代の親友2人に取材。友人の登場に驚いたLiSAが思わず涙する中、USJに一緒に遊びに行ったエピソードや、LiSAの地元給食で使われている牛乳のパッケージの色が赤からLiSAのイメージカラーのピンクに変更されたことが明らかに。

 また、子どもの頃SPEEDに憧れ、幼なじみに誘われて11歳の時に1人沖縄でレッスンに通ったというLiSAが、沖縄時代にホームステイでお世話になっていた家族にも取材。ホームシックをまぎらわすため、時には携帯電話代がとてつもない金額になっていたという。このほか、「可愛く歌う」こと要求されたLiSAがアイドルの映像を見て勉強をしていたエピソードもこぼれた。

 番組最後には、5月に発売された10周年記念ミニアルバム「LADYBUG」より、映画『夏への扉‐君のいる未来‐』の主題歌「サプライズ」を生演奏で熱唱。友人、恩人、そして母への思いが詰まった涙の熱唱は必見だ。

 LiSAがゲスト出演する『A‐Studio+』は、TBS系にて今夜6月11日23時放送。