ディズニーの実写版映画『美女と野獣』の前日譚となる、ガストンとル・フウの物語を描くスピンオフドラマシリーズが、ディズニープラスで正式に始動し、この度新キャストとともに、気になるストーリーが発表された。

 Varietyによると、前日譚は、8エピソードの実写ミュージカルドラマシリーズになるという。2017年公開の『美女と野獣』に出演したルーク・エヴァンスとジョシュ・ギャッドが、それぞれガストンとル・フウを再演。新しいキャラクターのティリー役で、新人のブリアナ・ミドルトンが参加することが明らかになった。

 前日譚では、『美女と野獣』の王国を舞台に、野獣とベルのロマンスから数年遡って、ガストンとル・フウ、そしてル・フウの義妹ティリーの旅が描かれる。ティリーの驚きの過去が明るみに出たことから、3人は予想もしていなかった旅に出ることに。過去のミステリーが明かされ、現在の危険が高まるうちに、お馴染みの王国の港が、実は多くの秘密を持っていたことが明らかになる、というストーリー。

 「ガストンのような野蛮人とル・フウのようなマヌケが、一体どうして友人・パートナーになったのか、どうして野獣は恐ろしい魔法を掛けられてしまったのかと、不思議に思う皆さんに、本シリーズではついに答えをご用意します。…そしてさらなる謎の数々を投げかけましょう」と、ディズニー・チャンネル・ワールドワイドの社長ゲイリー・マーシュがコメントした。

 ジョシュは出演のほか、製作総指揮と脚本を手掛け、ルークはプロデューサーも務める。ショーランナーは、エドワード・キッツィスとアダム・ホロウィッツが共同で担当。アフリカ系女性として初めてトニー賞演劇演出賞にノミネートされたリースル・トミーが、第1話のメガホンを取り、製作総指揮としても参加する。またドラマでは、名匠アラン・メンケンの楽曲も使用され、彼はエグゼクティブプロデューサーとしても参加する。2022年春から撮影を開始するという。