女優の山田杏奈が主演を務め、HiHi Jetsの作間龍斗と女優の芋生悠が共演する映画『ひらいて』の公開日が10月22日に決定。併せて本予告映像やポスタービジュアル、予告編にも登場する大森靖子による主題歌情報が一挙解禁された。

 芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説を、26歳の若手監督・首藤凜による脚本・監督で映画化する本作。恐れを知らない女子高生の熱い恋心が、勢いあまり、意中の彼の恋人にまで向けられる、エキセントリックでありながらも切実な純愛を描く。山田が主人公の女子高生・木村愛役を務め、屈折した少女の恋心を圧倒的な存在感で表現。作間は愛が恋する少年・西村たとえ役、芋生はたとえの秘密の恋人・新藤美雪役で共演する。

 解禁された予告編は、愛がたとえに「たとえって、良い名前だね」と、自分の中で膨らんでいく恋心を悟られないよう、さりげなく接近し、自然と距離を詰めようとするシーンからスタート。しかしながら、たとえに美雪という秘密の恋人がいることを知った愛。そこからは、たとえだけでなく、“好きな人の好きな人”である美雪に近づき、美雪にキスをする様子や、たとえの父を殴る姿など、愛の欲望が暴走していく姿が次々に映し出されていく。ラストはたとえが愛にキスをするシーンで締めくくられており、複雑な三角関係や、愛の狂気的な恋心がどこに行き着くのか、気になる映像に仕上がった。

 併せて公開されたポスタービジュアルは、耳をふさいだ愛を中心に、たとえと美雪それぞれの姿が切り取られており、3人がありえない形で交錯していく恋の物語を予感させるビジュアルとなっている。

 さらに本作の主題歌が、現代女子の気持ちを代弁する“超歌手”大森靖子が本作のために書き下ろした楽曲「ひらいて」に決定。予告編にも登場する「ひらいて」について、大森は、「アンバランスにバランスをとってその季節を生き抜いてきたことを映画を見て思い出し、楽曲にしました」とコメントしている。

 映画『ひらいて』は10月22日より全国公開。