女優の芦田愛菜が27日、都内で行われた映画『岬のマヨイガ』完成披露試写会に大竹しのぶと共に出席。芦田は、大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』で共演した大竹に、女優として憧れのまなざしを向けていた。試写会には、芦田、大竹のほか、粟野咲莉、川面真也監督も登壇した。

 ベストセラー作家・柏葉幸子の小説『岬のマヨイガ』を長編アニメーション映画化した本作。居場所を失いさまよっていた17歳の少女・ユイ(芦田)と、両親を事故で亡くしたショックで声を失ってしまった女の子・ひより(粟野)が、岬に建つ民家「マヨイガ」で不思議なおばあさん・キワ(大竹)と暮らすことで傷ついた心を取り戻していく姿を描く。

 大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』で共演経験のある芦田と大竹。大竹は「まだ仕事に対する姿勢など分からないぐらいのとき、小学生に上がる前に共演したよね」と当時を振り返ると「そんな愛菜ちゃんが、立派になって…」と目を細める。

 そんな大竹の言葉に芦田は「覚えていてくださって嬉しいです」と笑顔を見せると「バラエティのときとお芝居のときではガラリと雰囲気が違うのが、とても素敵だなと思っていました。こんな女優さんになりたいです」と熱い思いを吐露。本作では共に芝居をする機会はなかったというが、芦田は「今度はお芝居の現場で、またご一緒したいです」とラブコールを送っていた。

 作中で、迷いながらも自分自身で答えを見つけていくユイにちなみ「迷ったとき、どのような形で答えを見つけていくか」というテーマでトークが展開すると、芦田は「分からないなりにも考えて、自分が1番納得できるような答えを探していきたい」と回答。「あとは『なるようになる』と思うようにしています」と続けた。

 大竹も「私もあまり悩むことがなく、直感型でいろいろなことを決めてしまう。もしそれで間違ってしまっても、座右の銘が『まあ、いっか』なので、気楽に考えて、ここまで生きてきてしまいました」と楽観的であることの大切さを強調していた。

 イベント後半では、河童役で本作に出演しているサンドウィッチマンからビデオメッセージが到着。レギュラー番組でサンドウィッチマンと共演している芦田は、2人の冗談満載のトークに笑顔を浮かべると「お2人のシーンは大好きなので、注目してほしいです」とアピールしていた。

 映画『岬のマヨイガ』は8月27日公開。