ジャニーズWESTの重岡大毅が主演し、女優の木村文乃がヒロインを演じるドラマ『#家族募集します』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が20日に放送。みどり(山本美月)のヨーロッパ取材を勧めたのは俊平(重岡)だったことが明かされ、視聴者からは「心臓が痛くて耐えられない」「衝撃的な事実」などの声が相次ぎ、反響が集まった。

 絵本作家で俊平の妻のみどり(山本美月)は、ヨーロッパで取材中に事故で亡くなってしまう。俊平はみどりの死を息子の陽(佐藤遙灯)にずっと告げられず、ごまかし続けていたが、「にじや」の家族たちに背中を押されてようやく打ち明けることができた。

 第4話は、みどりが生きているときの回想シーンからスタート。陽を寝かしつけたあと、俊平が絵を書いているみどりに「新しい仕事?」と問いかけると、みどりは「ううん。今はまだ落書き。ヨーロッパの田舎町のイメージなんだけど、次の絵本の舞台にしてみたいんだ」と笑顔を浮かべる。

 俊平は「現地でフィールドワークしておいでよ」と勧めるが、みどりは「それは…陽がもっと大きくなってからかなぁ」と布団の中の陽を愛おしそうに見つめる。俊平は「陽のことは俺に任せて!」と胸を張り「俺もさ、次のみどりの絵本早く見たいんだよ」と背中を押し、みどりは「本当?」とうれしそうに笑みを浮かべるのだった。

 今回の回想シーンでは、俊平がみどりのヨーロッパ行きを後押ししたことが明かされた。そのヨーロッパでみどりは事故に遭い、命を落としてしまう。この真実に視聴者からは「俊平が勧めちゃった事実があったなんて苦しい」「心臓が痛くて耐えられない」「号泣しました」「責任感じちゃうよな…」「これは…苦しいやばい」「かなり衝撃的な事実」「なんて重い十字架背負っとんじゃ、俊平…」などの声が寄せられ、反響を集めている。