乃木坂46が22日、「真夏の全国ツアー2021」を福岡県のマリンメッセ福岡で開催。9月4日をもってグループからの卒業と芸能界引退を発表した3期生の大園桃子にとってのラストライブとなり、大園は「5年間の活動を経て、私は乃木坂46になることができました」と涙ながらに笑みを浮かべた。

福岡公演1日目の21日は、グループ結成日の2011年8月21日から丸10年ということで、10周年を記念したメモリアル公演が行われた。今回のツアーでは、乃木坂46結成10周年特別企画として「夏ツアーで聴きたい曲TOP10」として、事前に募ったリクエストをもとに、表題曲、カップリング曲、アンダー曲、ユニット&ソロ曲の各カテゴリーのトップ10を選出。夏ツアーベストセットリストでパフォーマンスが繰り広げられた。表題曲の1位には「裸足でSummer」、ユニット曲1位には「ファンタスティック三色パン」、カップリング曲の1位には「ひと夏の長さより…」が選ばれ、この日披露された。

 ライブ本編は、アップテンポなサマーチューン「太陽ノック」からスタート。最初のMCで大園は「始まる前はすごく緊張していて、どうなるんだろう?と思ってたんですけど、頭の曲をやったらみなさんの熱気も感じられて楽しめそうです」と胸をなでおろした。

 18thシングル「逃げ水」で大園とダブルセンターを務めた与田祐希は、ツアーが始まってから大園との思い出を振り返っていたと話し「『逃げ水』の期間のことがバーって出てきて。一緒に辛いことも楽しいことも戸惑うようなこともいっぱい経験してきて…。『逃げ水』を今後披露するときに、桃ちゃんがいないと思うと、辛いんだけどどうしたらいいかな」と少し声を詰まらせながら吐露。大園が「ごめんね」と優しく謝ると、与田は「気持ちは一緒にいると思ってずっとやっていくし、今日は最後までかみしめながらがんばろうね」と呼びかけた。中盤に披露された「逃げ水」では、2人は手を繋ぎながら花道を歩き、曲の終わりでは目に涙を溜めながらしっかりと抱き合っていた。

 アンコールでステージに1人で登場した大園は「私は先輩に勧められて乃木坂46を何も知らない状態でオーディションを受けてしまいました。よくわからないまま時間だけが進んでいき、気付いたら引き返せないところまで来ていました。3期生として加入して、乃木坂を大好きで入ってきた子、覚悟を持って入ってきた子がたくさんいて、申し訳なくて、罪悪感でみんなの目をすごく気にしていたのを覚えています」と声を震わせながら当時を回顧。

 たくさんの人に注目される位置に選ばれ、ありがたいことだとはわかっていたが、恐怖を感じたと複雑な心境を語ると、「もともと自信がない私は、本当に押し潰されそうで、毎日生きることが精一杯でした」「自分のことが大嫌いで、目標もない私が、乃木坂として何かできるわけもない、とふさぎ込んでしまった時期があります。あのときは、優しくしてくださる先輩や、同期のみんなに本当に申し訳なく思っていました」と涙。

 今は5年間乃木坂にいることができてよかったと思える、という大園は「そう思えるのは、家族、メンバー、スタッフさん、ファンのみなさまがたくさん励まし続けてくれて、引き止めてくれたからだと思います。メンバーが喜んでいるとき、笑っているとき、このグループは本当に温かいグループだなと感じることができました。ずっと見捨てず、守ってくれて、助けてくれて本当にありがとうございました」と改めて感謝した。

 そして「最初はみんなと違う気持ちで乃木坂に入りましたが、5年間の活動を経て、私は乃木坂46になることができました」とかみしめ「まわりの力を借りながらではありますが『私は5年間がんばってきたんだ』と私自身が自信を持って、そう思えるようになったからです。人はこんなにも変われるんだと驚くくらい、前と比べたら想像がつかないくらい明るく物事を考えられるようになり、明るい気持ちで卒業できることをうれしく思います。乃木坂46に入って、うれしいこと辛いことを経験して、大好きなみんなと過ごせたこの5年間をずっと宝物にしたいと思います。私は乃木坂46が大好きです」と笑顔を浮かべた。

 「3期生にとって大切な曲」という3期生楽曲「三番目の風」のイントロが流れると、3期生は大園の元へ駆け寄り、涙を浮かべてパフォーマンス。久保史緒里は自身も瞳を潤ませながら、涙を流す大園の頭を優しく撫でた。

 大園が「夏のツアーで飛鳥さんと披露させていただいた思い出の曲です」と紹介した「やさしさとは」では、曲途中で齋藤飛鳥が「卒業おめでとう、を言う前に、直接ずっと言いたかったことがあります」と切り出し、「桃子が『乃木坂も悪くないな』って言ったあのとき。普通に聞いたらどの立場で言ってるんだ、って思うかもしれないあの言葉。当時は私は他の人よりほんのちょっとだけ桃子の近くにいたから、桃子があの言葉を言ったときの気持ちが、痛いほどよくわかりました。だけどあのとき、あんなに近くにいたのに、なんで私の力で乃木坂っていいなって思わせられなかったんだろうって、ずっと心残りでした。力不足な先輩で本当にごめんね」と涙。続けて「最近楽しそうに活動している桃子を見て、うれしく思っていました。今日ここで初めて言わせてください。桃子、よくがんばったな。卒業おめでとう」と言葉をおくり、涙を流す大園を抱きしめた。

 同期の梅澤美波は「5年間本当によくがんばったね。ずっと3期生のセンターでいてくれてありがとう。私たちが今、みんな口をそろえて『今の3期生が一番好き、今が一番楽しい』って言えるのは、桃子の笑顔が中心にあったからだと思ってます」と声を詰まらせながら感謝。「桃子はあまりアイドルを見ずにここに来たから、自分とアイドルのギャップに悩んできたと思います。でも、桃子は誰よりもステージが似合う最強で最高にかわいいアイドルだったと思います」と讃え「卒業を初めて聞いた日から、何度も止めてごめんね。これから桃子がいない中で乃木坂を過ごすことを考えると、すごく寂しいけど、私たち3期生11人になってもがんばるから、ずっと見ててね」と誓った。

 最後に大園は「この景色が今までで一番きれいだな、と思えました」とすべてを出し切ったように笑顔。キャプテンの秋元真夏は声を震わせながら「3期生を送り出すのは初めてなのですが、本気で戦って必死に乃木坂っていうものになろうとがんばってきた後輩の姿は、こんなにかっこいいものなんだな、ってこの5年間で知ることができました。桃子本当にお疲れ様でした!」と感謝を伝えた。

 「乃木坂の詩」でアンコールを締め括ったが、ステージの熱量は下がらず、ダブルアンコールで再び「逃げ水」を披露。本当に思い残すことはないという大園は「今までたくさん心配かけてきたんですけど、本当にそんなに心配せずに、遠くでがんばってるかな?って思ってくれたらうれしいです。本当に今までありがとうございました」とメッセージをおくり、手を振りながら弾ける笑顔でステージを後にした。

 乃木坂46「真夏の全国ツアー2021」福岡公演(DAY2)大園桃子卒業セレモニーのセットリストは以下の通り。

Overture
M1:太陽ノック
M2:ロマンティックいか焼き
M3:あらかじめ語られるロマンス
M4:13日の金曜日
M5:裸足でSummer
M6:他人のそら似
M7:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M8:〜Do my best〜じゃ意味はない
M9:ファンタスティック3色パン
M10:制服を脱いでサヨナラを…
M11:空扉
M12:Against
M13:I See…
M14:アナスターシャ
M15:トキトキメキメキ
M16:ひと夏の長さより…
M17:他の星から
M18:友情ピアス
M19:生まれたままで
M20:My rule
M21:世界で一番 孤独なLover
M22:何度目の青空か?
M23:逃げ水
M24:ガールズルール
M25:ごめんねFingers crossed

EN1:三番目の風
EN2:思い出ファースト
EN3:やさしさとは
EN4:孤独な青空
EN5:転がった鐘を鳴らせ
EN6:乃木坂の詩

WEN1:逃げ水