女優の波瑠が主演する月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が23日に放送され、深澤新(岸優太)と高岡幸保(岡崎紗絵)が患者の命を救う姿に、視聴者からは「いいぞ深澤高岡コンビ!!」「すっかりバディになっててカッコいい」と反響が寄せられた。

 朝倉美月(波瑠)は、成瀬暁人(田中圭)が医大の後輩・里中悟(古舘佑太郎)から脳外科に移るよう誘われていることを知ってしまう。成瀬は本郷亨(沢村一樹)がナイト・ドクターとして自分を受け入れてくれたことに恩義を感じ、決めかねていた。

 そんな時、くも膜下出血の患者が運び込まれる。成瀬は進んで執刀にあたるが、通常の動脈瘤ではないため手術を断念。自分の今の技術では手術を諦めざるを得ないことを実感した成瀬は挫折を感じてしまう。数日後、朝日海浜病院に有名料理人の安西尚道(橋爪淳)が脳卒中で緊急搬送されてくる。明朝に脳外科の医師たちへ引き継ぐべく安西を見守っていたところ容体が急変。安西を救うために成瀬は再びオペを志願する。

 オペ室では成瀬と朝倉、本郷による安西への治療が始まる。一方、待機していた深澤と高岡の元に2名の重症者の受け入れ要請が入ってくる。ナイト・ドクターを信用していない日勤の医師・嘉島征規(梶原善)は「無理だ、断れ」と言い放つものの、電話を受けた深澤は高岡と目を合わせると「受け入れます」と返答。深澤と高岡は声を掛け合いながら、搬送された重症者の救出にあたる。

 救命救急の経験が浅かった深澤が落ち着いて重症者と向き合い適切な処置を施す姿に、「かっこいい! 深澤先生!」「深澤覚醒」「めちゃくちゃ成長してる」「どんどんたくましくなっていって泣きそう」など、ネット上には多数のコメントが寄せられた。また、「いいぞ深澤高岡コンビ!!」「深澤高岡ペアすきだなぁ」「ナイトドクターたちみんなカッコよくなってきた!」など、一緒に処置に当たる高岡との息の合った連携に対する反響も大きかった。