女優の福原遥が主演するドラマ 『アンラッキーガール!』が、読売テレビ・日本テレビ系にて10月7日より毎週木曜23時59分に放送されることが決まった。

 本作は、とにかくツイてなさすぎる“世界一不運”な3人のオンナたちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも、幸せをつかもうと奮闘していくアンラッキーコメディー。1話完結のオリジナルの脚本で、福原は3人のうちの1人、福良幸(ふくら・さち)役を演じる。

 金運を筆頭にあらゆる運がゼロの福良幸(25歳)、男運も対人運もゼロの朝倉香(31歳)、仕事運ゼロで今は無職の綾波樹(35歳)という、ことごとくツイていない3人が、くじ売り場のボヤ騒ぎがきっかけで知り合うことに。毎回不運な事件やトラブル、災難に巻き込まれるが、「弁護士」と「占い師」の顔を持つ“謎の男”によって、さらに運命をほんろうされてしまう。3人は占いが示すように行動するものの、さらなる不運の嵐に巻き込まれ…。

 福原演じる福良幸は、1996年1月1日生まれ。亥(い)年、五黄土星、A型。金運を筆頭にあらゆる運がゼロで、くじ売り場で働いている。運がないことの連続でここまできた女性で、自分の人生を半ば諦めているという役どころだ。時にはずぶぬれになったり、ケーキまみれになったりすることもあり、福原の体当たりの演技も見どころとなる。

 また、バカリズムが、本作でドラマの「語り」に初挑戦。3人の運の悪いオンナたちの波乱の人生を、ときに優しく、ときに厳しく、大きな愛を持って見守っていく。

 本作では、3人の女たちが「弁護士」と「占い師」の顔を持つ“謎の男”によって占いのアドバイスを受ける。その占いは、人気バラエティー番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)などで活躍する琉球風水志シウマが監修。登場人物の名前、生年月日、部屋の間取りなど、シウマが占った内容をドラマに反映する。

 脚本は、ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)、『おじさまと猫』(テレビ東京系)などの「大人のカフェ」の伊達さんと、ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)、アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)などのモラルによる完全オリジナル作品。

 主演の福原は「台本を読ませていただいて、どんなに不運なことが起きても、ポジティブに捉え、小さな幸せをしっかり感じ、前向きに生きていこうとする幸の姿に、すでに心をつかまれています! 改めて自分のものの捉え方や考え方次第でいくらでも幸せを感じられることに気づかされました。そんな大好きな幸を大切に演じていきたいです!」とコメントしている。

  プラチナイト モクドラF『アンラッキーガール!』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月7日より毎週木曜23時59分放送。