女優の片桐はいりが主演を務めるドラマ『東京放置食堂』が、テレビ東京系にて9月15日より毎週水曜25時10分に放送されることが決まった。片桐は連続ドラマ初主演。

 本作は、東京都にある大自然の宝庫・大島を舞台に、そこで育まれる豊かな人間模様や魅力的なグルメを満載した、人情味あふれる島ドラマ。

 伊豆諸島の大島は、東京から120キロも離れた太平洋に浮かぶ島で、東京都内にある別名「東京アイランド」。都内とは思えないほど大自然にあふれ、街の騒々しさから解放された、時間の流れを忘れられるこの場所だからこそ育まれる魅力的な人間模様・島グルメが、色濃く描かれていく。

 主人公の真野日出子は東京生まれ、東京育ちで、数多くの被告人を裁き、更生させてきた、曲がったことが大嫌いな初志貫徹の元裁判官。これまで裁判官としてキャリアを重ねてきたが、人を裁くことに疲れてしまい、退官を決意する。そして、あることをきっかけに大島へ。その場所で、祖父から受け継いだ「風待屋」を一人で営む寡黙な若い店主・小宮山渚と大島名物“くさや”との出会いが、彼女の第二の物語の扉を開ける。

 真野日出子役を片桐が演じるほか、日出子が大島で出会い、共に「風待屋」を営んでいく寡黙な若い店主・小宮山渚役を工藤綾乃が務める。さらに、大島で生活する個性豊かな島民キャストには、与座よしあき、松川尚瑠輝、梅垣義明が決まった。

 主演の片桐は「ひょんなことから裁判官を辞めて、伊豆大島の食堂に流れついた夜ドラヒロインに任命されました。ちょっとお節介で昔かたぎの説教ずき。自分もさまよい中なのに、ちょっと良いこと言ったりします。ほったらかしの魅力があふれた大島で、島の仲間やびっくりするようなゲストの方々とすったもんだをくりひろげます。週の半ばの真夜中にほんのひと時、都内にある最果て島にご一緒できれば幸いです」とコメントしている。

 水ドラ25『東京放置食堂』は、テレビ東京系(テレビせとうちを除く)にて、9月15日より毎週水曜25時10分放送。