東京2020オリンピック競技大会柔道男子73kg級で金メダルを獲得した大野将平が30日にインスタグラムを更新し、天理大学柔道部の先輩でもある野村忠宏との2ショットを公開。2人で計5枚の金メダルを公開すると、ファンから大きな反響が集まった。

 大野が投稿したのは野村との2ショット。写真は複数公開されていて、5枚の金メダルを前にスーツ姿の大野と野村がカメラに笑顔を見せる姿や、2人が獲得した5枚の金メダルをアップで撮影したものも見ることができる。

 大野は2016年のリオデジャネイロでも柔道男子73kg級で金メダルを獲得。一方の野村は1996年のアトランタ、2000年のシドニー、2004年のアテネという3つのオリンピックの中で柔道男子60kg級3連覇を果たしている。

 金メダルがズラリと5枚並んだ大野と野村の2ショットに、ファンからは「連覇は凄いです 素晴らしい」「最高です」「眩しすぎます」などの声が集まっている。

引用:「大野将平」インスタグラム(@ono0203)