荒牧慶彦をはじめ2.5次元のトップスターたちが集結したドラマ『あいつが上手(かみて)で下手(しもて)が僕で』が、日本テレビほかにて10月より放送、同キャストによる舞台版も12月に上演されることが決まった。併せてドラマ版のメインビジュアルが解禁された。

 本作は、お笑い界という大海原にもまれ、マストが折れ、漂流した者が最後にたどり着く場所「湘南劇場」を舞台に、「島流し」とやゆされる絶体絶命絶望手前の状況で、相方や仲間たちと劇場の脱出を目指し奮闘する芸人たちの青春群像劇。脚本を、上田誠、大歳倫弘らヨーロッパ企画の作家陣が手がける。

 舞台『刀剣乱舞』シリーズや『バクマン。』THE STAGEなどで主演を務める荒牧慶彦が主演を務めるほか、舞台『刀剣乱舞』シリーズ出演の和田雅成、舞台『文豪ストレイドッグス』出演の鳥越裕貴、 MANKAI STAGE『A3!』出演の陳内将、ミュージカル『薄桜鬼 真改』主演の梅津瑞樹、舞台『「デュラララ!!」〜円首方足の章〜』主演の橋本祥平、ミュージカル『刀剣乱舞』に出演の田中涼星、そして舞台『幽☆遊☆白書』シリーズ、映画『クロガラス』シリーズ主演の崎山つばさが出演する。

 主演の荒牧は、撮影を振り返り「芸人さんも舞台俳優も、『ステージで頑張る』という根底は一緒なのでどことなく共感する部分はあります。しっかりとした漫才もやらせてもらったので刺激的な撮影でした! リハの段階でもネタを披露した時にスタッフさんやキャストから笑いが起こると嬉しくなったり。待機時間も常に笑いを求めたり。何気ない時間までも芸人さんになったような気分でした」とコメント。
 
 和田は「『お笑い芸人』この言葉のプレッシャーはすごいです。“人を笑顔にしたい”という想いは常々持っていますが“人を笑顔にすること”それを生業にするのはすごく勇気が必要だと思います。リスペクトするところばかりです。今回はそれに挑戦し、自分自身の想いも乗せ、常々思っている“人を笑顔にしたい”を体現したいと思います。今の、この世の中に、少しでも明るく楽しい時間をお届け出来るよう努めます」と意気込んでいる。

 『あいつが上手で下手が僕で』は、ドラマ版が日本テレビにて10月6日24時59分、読売テレビにて10月9日深夜より放送。舞台版は12月、東京、大阪にて上演予定。