尾田栄一郎の人気漫画を実写ドラマ化するNetflixシリーズ『ONE PIECE』より、タイトルロゴが解禁された。第1話の制作仮タイトルは、原作と同じ「ROMANCE DAWN ー冒険の夜明けー」で、台本の表紙も公開された。

 本作は、海賊たちの波乱と冒険に満ちた物語。過去にも実写化のオファーは多数あったものの、原作者の尾田と「週刊少年ジャンプ」編集部がさまざまなハードルを乗り越えられると確信できたことから、今回の実写化プロジェクトが初めて実現したという。

 原作、エクゼクティブ・プロデューサーの尾田とともに、Netflixがトゥモロースタジオ、集英社と提携。脚本&エグゼクティブ・プロデューサーには、J・J・エイブラムスの制作会社バッド・ロボットを経て『エージェント・オブ・シールド』などを手がけたマット・オーウェンズ、そして、脚本&ショーランナー&エグゼクティブ・プロデューサーとして、『LOST』を手掛けたスティーブン・マエダが参加する。

 解禁された実写版ロゴは原作ロゴをイメージして制作されており、「O」の文字には“麦わらの一味”の実写版トレードマークが描かれ、ルフィの左目の下の傷も反映されている。さらによく見ると、鼻にはルフィらしき姿も。最後の「E」は原作ロゴと同じくいかりの形になっているなど、原作へのリスペクトと遊び心も反映されている。

 第1話の仮エピソード名は、「ROMANCE DAWN ー冒険の夜明けー」。これは原作第1巻第1話のタイトルと全く同じだ。誰もが知る、ルフィのあの“冒険の始まり”はどのように描かれるのか、さらに大きな注目が集まる。