女優の西野七瀬が主演を務める10月9日スタートのドラマ『言霊荘』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)の追加キャストとして、若手女優の内田理央、堀田真由、三吉彩花、森田望智、石井杏奈、中村ゆりかの出演が発表された。

 本作は、とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、言霊という“人ならざる者”に住人女性たちが次々とさいなまれていくというホラードラマ。

 テレビ朝日のドラマ初出演にして初主演の西野が演じるのは、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う底辺ViewTuberの主人公・歌川言葉(コトハ)。友人の紹介で女性限定マンション「レディスコート葉鳥」の7号室へ移り住んだことをきっかけに、マンション内で発した言葉が現実になるという怪奇現象に巻き込まれ、言霊にほんろうされていくことに…。

 今回発表された追加キャストの6人は、全員が主演やヒロインを歴任している若手実力派女優たち。

 1号室に住み、西野演じるコトハを招き入れる友人で、作詞家の阿木紗香を演じるのは、三吉彩花。2号室の東京都議会議員私設秘書・丸山栞を演じるのは、中村ゆりか。3号室の悩みを抱えるフリーアナウンサー・小宮山綾子を演じるのは、堀田真由。4号室の勉学ひと筋だった真面目な医者で、恋に落ちてしまう菊川麻美を、森田望智が演じる。そして、5号室の小学校教師でありながら秘めたる欲望を持つ林原早紀役には、石井杏奈。 6号室の編集者・渡邊瞳役には内田理央が決まった。

 三吉は「今作は言葉の力によっていろんな事件に巻き込まれたり、第1話から衝撃的な出来事があったり、とてもテンポよくスリリングな展開になっていきそうだなと感じました。言葉の力によって誰かの人生を大きく変えてしまうっていうのは、特に今の時代に通じる部分があると思うので、その辺りをリアルに演じられたらいいなと思っています」と話している。

 このほか、斉藤由貴演じる岩戸志麻が宮司をする神社で、巫女として働く蝶野繭役を、内藤理沙が演じる。

 土曜ナイトドラマ『言霊荘』は、テレビ朝日系にて10月9日より毎週土曜23時放送。