AKB48の小栗有以、行天優莉奈らが、4日に都内で開催された映画『未成仏百物語 〜AKB 48 異界への灯火寺〜』舞台あいさつに登壇。小栗は自身の出演パートを見た行天が「100%の怖がり方」をしていたと言い「心の中ですぐにガッツポーズをしました」と笑顔で語った。

 『未成仏百物語』は、巷に溢れる不思議な話や怖い話など実話とされる話を、深夜にお寺で供養するオカルトドキュメンタリー。イベントには小栗と行天のほか、大盛真歩、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香、武藤十夢も登壇した。さらにサプライズゲストとして「事故物件サイト大島てる」を運営する大島てるも出席した。

 武藤は自身が担当したパート『あそぼう』について「一番最後にやってた『遊ぼう』という作品なんですけど、これは夜間勤務の警備員さんのお話で。座敷童が出るっていうお話なんですけど、良い座敷童ではないのかな? みたいな」とにっこり。

 『お泊まり』に出演している小栗は「不可解なことがいくつも起こって、不思議な、みんなとはまたテイストが違うドラマになっていたので、皆の反応どんな感じなんだろう? っていうのが、すごく不安というかドキドキだったんです」と回想。続けて「皆で初めて見た時に、隣にいた行天優莉奈ちゃんが、すごく叫んで怖がってくれたんです。100%の怖がり方をしてくれて、心の中ですぐにガッツポーズをしました。すごくうれしかったです」と白い歯を見せた。

 一方『心霊スポット体験』に挑んだ行天は「ホラーは苦手なんですけども、多分今回の出演メンバーの中で一番体を張って頑張ったなって、すごく思うんです」と主張。「実際に、お化けが出るとされている心霊スポットに行かせていただいて、ロケをさせていただいたんですけども、本当に怖すぎて。帰り道、塩を買って」と明かし「その日は塩で手を洗い、塩を入れて入浴し、お財布の中に塩を入れて行動していたっていうくらい、すごく体を張ったので、頑張りを褒めていただきたいなと思います」とも話していた。

 映画『未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜』は9月10日全国公開。

※記事配信時の写真のキャプションに誤りがございました。お詫びして訂正いたします。