俳優の佐野勇斗が5日にインスタグラムを更新し、出演中の日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系/毎週日曜21時)のオフショットを公開。共演者の佐藤栞里との2ショットに、ファンから大きな反響が集まった。

 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描くヒューマンドラマ。都知事の命により新設された救命救急のプロフェッショナルチーム・TOKYO MERのリーダーで驚異的な救命技術を持つ救命救急医・喜多見幸太を鈴木が演じる。佐野は本作でTOKYO MERメンバーで臨床工学技士の徳丸元一を演じていて、佐藤は喜多見の妹・涼香役で出演中。

 5日に放送された第10話では、大学を舞台にした爆発事件が発生。ラストシーンでは衝撃の展開が描かれ翌週の最終回への期待が高まっている。

 第10話の放送直後に、佐野が「ついに次週、最終回です!」と投稿したのは佐藤との2ショット。TOKYO MERのトレードマークが入ったオレンジ色のスクラブを着た佐野と、ボロボロになったワンピースを身につけ、顔もホコリで汚れた佐藤が弾ける笑顔で並んでいる。

 佐野と佐藤の2ショットに、ファンからは「来週最終回は寂しい」「涙が止まらないのでMER出動お願いします」「涙腺やばかったです」「まじで立ち直れんかと思ったよ」などの声が相次いでいる。

引用:「佐野勇斗」インスタグラム(@sanohayato_milk)