全世界で600億円超の興行収入をあげた映画『ボス・ベイビー』の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』より、前作で吹き替えキャストを務めた、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)が新作でも続投することが発表された。併せて特報映像も解禁されたほか、12月17日より公開されることも決定した。

 本作は、前作の25年後が舞台。すっかり大人になったテッドことボス・ベイビーとティムが、スーパーミルクを飲んで赤ちゃん返りし、ティムの長女タビサの学校の校長にふんする悪の天才博士の計画を阻止するため、史上最大のミッションに挑む。

 テッド役でムロの続投が決定している本作。前作でボス・ベイビーの兄ティムの吹き替えを担当した芳根が、本作では父親となったティムの長女タビサ役に。また、前作の終盤で大人になったティムを演じた宮野が、大人のティムと子供返りしたティム役を担当。さらに、母親ジャニス役、父親テッドシニア役をそれぞれ演じた乙葉と石田も同じ役で参加する。

 特報は、ティムの次女ティナが「私もボス・ベイビーなの。私のもとで働きなさい!」と啖呵を切る場面や、テッドが「大暴れするぞ!」とユーモラスにポーズを決める姿などを収めたかわいらしい映像となっている。

 今回の続投について、芳根は「ティムの娘タビサ役で再び『ボス・ベイビー』に帰ってこられたことを本当に嬉しく思います! 8歳だけどちょっと大人びた女の子で、歌のシーンもある難しい役ですが、タビサに寄り添い、心を通わせて演じたいと思います」とコメント。

 宮野は「まさか大人になったティムが、このような形で活躍するとは思ってなかったので驚きました。しかし、僕の持てる力全てを発揮して(笑)、最高に楽しく演じたので、ご覧になってくださる皆様に、大きな愛と幸せを届けられればと思います!」とメッセージ。

 乙葉は「おばあちゃんになっても、ご陽気でパワフルなジャニスに私も元気をもらいました」、石田は「今4歳の双子の娘がボス・ベイビーブーム真っ最中でほぼ毎日見てるんです。なので本当に嬉しいです。僕もこんな明るいおじいさんになりたいなと思いながら演じさせてもらいました」と語っている。

 アニメ映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は12月17日より全国公開。