10月8日より公開されるアニメ映画『神在月のこども』より、主人公カンナが力強く走る[動き]を表現した新ビジュアルが公開された。

 本作は、10月に全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして島国の根にある“ご縁”という価値観を描く劇場オリジナルアニメ。

 原作・コミュニケーション監督を四戸俊成、アニメーション監督を白井孝奈、制作をライデンフィルムが担当する。主題歌・劇中歌・エンディングテーマはシンガーソングライターのmiwaの「神無‐KANNA‐」。

 声優キャストとして、主人公カンナ役で蒔田彩珠、神使のウサギ・シロ役で坂本真綾、鬼の少年・夜叉役で入野自由が出演。そのほか、カンナが目指す出雲を治める神・大国主役を神谷明、カンナの幼少期を新津ちせ、同級生のミキ役を永瀬莉子、松江に奉られる神・恵比寿役を茶風林、長野・諏訪を守る龍神役を高木渉が演じる。

 新たに公開されたビジュアルは、「静止った時を走り出す もう一度自分を信じてみたい」というコピーのように、時間が止まっていたカンナが勇気をもって再び走り出す様子が描かれている。先日公開されたビジュアルは、“出雲”を背景にシロ、夜叉、弥生、典正、龍神を配置し、中央で出雲を目指すカンナの力強い目が[静]を感じさせるものだったが、今回は東京から出雲への旅を通じて母の死と向き合い、成長するカンナを期待させる[動]のビジュアルとなっている。

 アニメ映画『神在月のこども』は、10月8日より全国公開。