俳優の鈴木亮平が10日にツイッターを更新し、12日に最終回を迎える主演ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系/毎週日曜21時)のオフショットを公開。虹をバックにした共演陣との集合写真を公開し、最終回についてコメントした。

 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描くヒューマンドラマ。都知事の命により新設された救命救急のプロフェッショナルチーム・TOKYO MERのリーダーで驚異的な救命技術を持つ救命救急医・喜多見幸太を鈴木が演じる。

 最終回のオンエアを2日後に控えた10日に鈴木が「最終回は、非常に「MERらしい」回となっています」と投稿したのは、虹を背景にした共演陣との集合ショット。写真には鈴木の隣で笑顔を見せる菜々緒や中条あやみの姿や、一人スーツ姿でりりしい表情を見せる賀来賢人の姿が収められている。

 鈴木は最終回について「世界が暗闇に飲み込まれそうでも、遠くに見えるわずかな希望の光を見つめて、何卒、日曜日の最終回までお付き合いいただければ嬉しいです」とコメント。鈴木の投稿にファンからは「必ず観ます」「こんな最高のドラマに出逢えて嬉しいです」「楽しみにしています」などの反響が寄せられている。

引用:「鈴木亮平」ツイッター(@ryoheiheisuzuki)