女優の黒木華が主演し、俳優の杉野遥亮が弟役で共演するドラマ『僕の姉ちゃん』(Amazon Prime Video/9月24日より全話一挙先行配信、テレビ東京/2022年放送)に、俳優の渡辺大知、片桐仁、遊屋慎太郎が出演することがわかった。3人はそれぞれ、黒木演じる主人公・ちはるのデート相手を演じる。

 本作は、雑誌「anan」(マガジンハウス)で長期連載中の益田ミリによる漫画『僕の姉ちゃん』を原作とした、年の離れた姉弟がつかの間の2人暮らしをする日々を描く、ユーモラスな会話劇。弟に鋭いツッコミを入れていく姉・白井ちはるを黒木、素朴で真っすぐに育ってきた社会人1年目の弟・白井順平を杉野が演じ、そのほか、久保田紗友、 若林拓也、平岩紙が共演。監督・脚本を吉田善子が務める。

 海外駐在中で両親不在の、つかの間の2人暮らしをする姉弟。仕事を終え帰宅した部屋で、お酒を飲み、それぞれ好きなものを食べながら、恋・仕事・趣味・人生にまつわる会話を繰り広げる。姉弟だからこそのぶっちゃけトークでさく裂する“姉ちゃんの本音”は、一見ひねくれていて意地悪なように聞こえるが、実は至極まっとうで、順平は妙に納得してしまう。

 このたび発表されたのは、ちはるのデート相手として出演する、渡辺、片桐、遊屋という個性豊かな3人の男性キャスト。

 ロックバンド・黒猫チェルシーのフロントマンで、俳優としても抜群の存在感を放っている渡辺は、「黒木さん演じるちはるさんの、つかの間の安心というか、ずっと一緒にいたい存在じゃなくても、ちゃんと会った時にホッと落ち着ける人でいたいなと思いました」とコメント。

 一方、お笑いタレント、俳優、声優、彫刻家として、マルチな才能を発揮する片桐は、「仕事終わりに、ふと華ちゃんと話すシーンが楽しかったです」、モデル、俳優として活動している遊屋は、「自分の身の回りの世界を、丁寧に捉え直すきっかけになるようなドラマです。このドラマを見て、少しでも前向きな気持ちになっていただけたら、幸いです」とそれぞれメッセージを寄せた。

 併せて本作の予告映像も解禁。姉と弟のつかの間の二人暮らしの様子を映し出した映像には、次々に飛び出す黒木ふんする姉ちゃんの辛辣でユーモラスな名言が収められており、かわいくてやさしい世界観がギュッと詰まったものに仕上がっている。

 さらに本作のオープニングテーマが、ハンバート ハンバートが本作のために書き下ろした「恋の顛末」に決定。主演の黒木は、「凄く好きなアーティストさんだったので、こうして、ドラマで出会うことができて、幸せです。優しい歌声と、まっすぐな歌詞が姉ちゃんの姿と重なります」とコメントした。

 ドラマ『僕の姉ちゃん』は、Amazon Prime Videoにて9月24日より全話一挙先行配信。テレビ東京にて2022年放送予定。