俳優の橋本祥平が主演を務め、鳥越裕貴が共演する映画『文豪ストレイドッグス BEAST』が、2022年1月7日より公開されることが決定。併せて、ティザービジュアルと特報が解禁された。

 原作漫画『文豪ストレイドッグス』(原作・朝霧カフカ、作画・春河35)は「ヤングエース」2013年1月号で連載がスタートした“異能”バトルアクション作品。現在シリーズ累計850万部(電子含む)を突破し、小説版のほか、2016年にはアニメ化、2017年に第1作となる舞台が上演され、2018年に劇場アニメーションも公開された。本作はシリーズ初の実写映画化となる。

 本作では、「武装探偵社」に所属する中島敦と、凶悪な組織「ポートマフィア」の宿敵・芥川龍之介を中心に、「もし、ふたりの所属する組織が逆だったら…?」という“if”設定でストーリーが描かれる。

 メインキャストを務めるのは、通称“文ステ”と言われる『舞台 文豪ストレイドッグス』シリーズでも芥川を演じる橋本と中島を演じる鳥越。ほかにも、これまで『文ステ』に登壇してきた俳優たちが引き続き出演する。

 監督は、『スーパー戦隊』『仮面ライダー』『ウルトラマン』の各シリーズを手掛け、アクションバトルやVFX演出を得意とする坂本浩一。脚本を、原作コミックや小説版の数々を手掛ける朝霧カフカが務める。

 ティザービジュアルは、主人公・芥川と中島が背中合わせにそれぞれの道を歩む姿と、はっきりとした“白”と“黒”が印象的で、「“白”と“黒”が辿ったもうひとつの物語」のキャッチコピーが添えられている。背景には、反転されて配置された文字や小説の一部で本作ならではの“if”の世界感が体現されている。

 約30秒の特報は、芥川が架空の都市・ヨコハマの貧民街の倉庫で憎悪をあらわに立ち上がるシーンから始まる。そしてポートマフィアのビルには、左右に整列する構成員の間を悠然と歩く“ポートマフィア白い死神”こと中島の姿が。「ついに来た。計画の最終段階が」というセリフとともに満月の下にたたずむ謎の男も登場する。

 後半ではアクションシーンも披露。ポートマフィアの構成員と交戦する芥川の“羅生門”や、敦の“月下獣”など、『文豪ストレイドッグ』らしい異能力も見ることができる。その後、芥川と敦が激突するシーンで映像は終了する。

 映画『文豪ストレイドッグス BEAST』は、2022年1月7日より公開。