俳優の鈴木亮平が主演を務めた日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)の公式インスタグラムが17日にオフショットを公開。ハイパーレスキュー隊隊長役の要潤をはじめ、レスキュー隊員役の俳優陣のオフショットにファンから大きな反響が集まった。

 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描くヒューマンドラマ。都知事の命により新設された救命救急のプロフェッショナルチーム・TOKYO MERのリーダーで驚異的な救命技術を持つ救命救急医・喜多見幸太を鈴木が演じた。

 要は本作でTOKYO MERと共に負傷者の救助に当たるハイパーレスキュー隊の隊長・千住幹生役で出演。危険を顧みず人命救助に奔走する姿や部下思いな一面、さらに回を重ねるごとに喜多見と信頼関係を築いていくさまに視聴者からの注目も集まり、放送中からネット上でも“千住隊長”の愛称で親しまれていた。

 感動の最終回を迎えた本作の公式インスタグラムが「影のスーパーヒーロー!」と投稿したのは、要演じる千住隊長率いるレスキュー隊の面々の集合写真。りりしい笑顔を見せる要を中央に、オレンジの防火服を着た隊員役の俳優たちが花束を持って並んでいる。

 物語を盛り上げた千住隊長の姿に、ドラマを見守ってきたファンからは「千住隊長めちゃかっこいい」「千住隊サイコーです!!」「千住さんのスピンオフ観たいです!ぜひ実現を!!!」などの声が相次いでいる。

引用:『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』公式インスタグラム(@tokyo_mer_tbs)