山田孝之らがプロデューサーを務める短編映画プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』シーズン1が9月17日に公開を迎え、都内劇場で初日舞台あいさつが開催。山田に加えて、9作品の監督を務めた安藤政信、三吉彩花、武正晴、山下敦弘、枝優花、西遼太郎、花田陵、針生悠伺、藤原知之の計10名が登壇した。

 俳優、カメラマンとしても活躍する安藤だが、監督を務めるのは今回が初めて。プロデューサーの山田を俳優としても起用し、共演に森川葵、さらに自身も出演し、友人の恋人と逢瀬を重ねるも、その友人が突然亡くなってしまったことで関係性が変化していくさまを描いた「さくら」を作り上げた。無事に公開を迎え、安藤は「うれしいってことだけです。自分の作品のために素晴らしい芝居をくれた孝之、葵、撮影のクルーに感謝しています」と語った。

 山田は本作への出演を「大変だった…」と苦笑交じりに述懐。「重い題材ですが、気持ちを作って2〜3日で撮るということで、常にマックスの状態でぶつかり、安藤さんも全力で受け止めてくれて、うれしかったけど大変でした。森川さんとも初めてでしたが、いい経験ができました」と充実した表情を見せた。

 三吉はバレエダンサーの飯島望未を迎え「inside you」を監督。「主人公の女の子にしか見えない存在を飯島望未さんに演じていただきました。彼女が踊るシーンが美しく、それを見ていただいた時、みなさんにも自分の中の変化を思い返してみたり、考えていただきたいと思います」と作品に込めた想いを語った。

 山田は舞台あいさつの最後にプロデューサーとして“まとめ”のコメントを求められると「まとめる? 全てを…?」と困惑。「早くみんなで『マスカレード・ナイト』を観に行こう(笑)!」と語り、笑いを誘いつつ「(9作品の中で)気になる作品があったり、気になる俳優がいたら、過去の仕事やこれからを応援してくれたらと思います。僕らは映像で表現して、感動なり気づきなりを提案することがメインなので」と呼びかけていた。