俳優トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本公開日が12月3日に決定。併せて、海外版キャラクター・ポスター4種が解禁された。

 前作『ヴェノム』(2018)は、マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>として誕生したスパイダーマンの宿敵を描き、全世界興行収入941億円を超える大ヒットを記録した。本作はその続編となる。

 未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディ(トム・ハーディ)は、刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し収監されたシリアルキラーだが、死刑執行時にクレタスがカーネイジへと覚醒。世界を闇へと変えていく。

 解禁されたのは、ヴェノム/エディ、カーネイジ/クレタス、そしてミシェル・ウィリアムズ演じるアン、ナオミ・ハリス演じるシュリークがフィーチャーされた4種のポスター。

 ヴェノム/エディのポスターは、ジャーナリストであるエディの正義感あふれる真っすぐなまなざしと、「俺たち」として1つの体を共有し合うヴェノムとの一体感を感じさせる。カーネイジ/クレタスのポスターでは、連続殺人鬼クレタスの狂気を宿した目と、鋭い牙のカーネイジの顔から、計り知れない残虐性が伝わってくる。

 エディの元婚約者アンのポスターには、前作でヴェノムがアンに寄生して登場した「シー・ヴェノム」のようなシルエットが。果たして今作でも登場するのか? 左右異なる色の目を持つシュリークのポスターでは、額から頬までの大きな傷が。シルエットの彼女の口からは超音波が放たれ、その「叫び声」であらゆる物を破壊するとされるシュリークの凶暴性は未知数だ。

 副題の“レット・ゼア・ビー・カーネイジ”が意味する「大殺戮よ、起これ」の通り、本作では連続殺人鬼クレタスの狂気を取り込んで覚醒したカーネイジが世界を闇で包んでいく。果たして、「俺たち」をしのぐほどのパワーを持つカーネイジを前に、エディとヴェノムはどう立ち向かうのか。そして、登場する2人の女性アンとシュリークは物語にどう関わっていくのか。期待が高まるポスターとなっている。

 映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は、12月3日より全国公開。