俳優の菅田将暉が22日、都内で行われた映画『CUBE 一度入ったら、最後』の完成披露試写会に杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、メガホンをとった清水康彦監督とともに出席した。

 本作は1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』を、日本を代表する実力派俳優陣により、ナタリ初の公認リメークとして制作。目覚めたら謎の立方体=CUBEに閉じ込められていた男女6人の脱出劇を描く。

 撮影中の雰囲気について、菅田は「結構シリアスな作品ですが、皆さんと仲良かったんですよ。現場は楽しくて」と話し、杏の提案で現場にさまざまなモノを持ち寄ったことを明かした。「杏さんはフィットネスのゲームを持ってきてくれて、それでみんなで得点を競い合った。ゲーム世代の田代くんがダントツで上手かった。楽しく遊んだ」と笑顔で振り返った。

 杏も「菅田くんもパズルを持ってきてくれたよね。工くんは足つぼのマット」と振り返り、斎藤も「そうですね、定時制のクラスみたいな感じで、それぞれの立ち位置で仲良くしていましたね」とにっこり。何も持ち寄らなかったという岡田は「僕はみなさんが提供してくれたものを楽しむ立場。絵しりとりが一番面白かったなぁ。鋼太郎さんの絵が好きだった」と語った。

 CUBEでの撮影は「生物みたいでした。僕らの芝居に呼応してCUBEを動かしてくれる人がいて、もう1人の登場人物みたいでした」と菅田。岡田は「初めてセットを見たとき感動した。こんなにすごいものを作れたんだって」と完成度の高さに驚いたと話すと、杏は「腕にこなかった?私は腕が筋肉痛になった。普段、こんなにはしごを上ったり下りたりしたいので腕にきましたね。それでフィットネスを」とゲームを持ち込んだ理由を説明した。

 また「もし自分がCUBEに閉じ込められたら?」と聞かれると、菅田は悩みながらも「自分だったら頑張って生きようとはする。起きたらポケットやパンツの中を探して。でも周りにいる人を疑いますよね。その人のせいにして1日過ごすと思う」と回答。杏は「思考停止しちゃって、人の意見を聞いて『それに従います』ってなるかも。能動的にはなれそうにないなぁ…」といい、CUBEにはさまざまな殺人トラップが仕掛けられているが「死ぬなら一瞬がいいよね(笑)」と苦笑いだった。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』は、10月22日より全国公開。