モーニング娘。’21の佐藤優樹が、グループおよびハロー!プロジェクトを卒業することが、24日公式サイトで発表された。12月13日に行われる東京・日本武道館でのグループ単独コンサートがラストステージとなる。

 公式サイトでは、「2021年12月13日に日本武道館で行われるモーニング娘。'21単独コンサートをもってモーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました」と報告。

 半年ほど、過敏性腸症候群の影響によりライブやイベントなどの活動を休止していた佐藤だが、「医師の指導のもと、食生活の見直しや薬の服用で痛みが出る頻度や強さは以前より改善されましたが、グループでの活動の中では現在も支障をきたす状況が続き、佐藤本人から、活動が安定しないことで、ここまでメンバーやスタッフにも迷惑をかけ続けているし、このままモーニング娘。としての活動を続けていくのは難しいという話がありました」と説明。

 「佐藤本人との話し合いの結果、2011年に10期メンバーとして加入して以来、モーニング娘。活動10年となるタイミングに、このまま先の予定を立てられない状況下でグループ活動を続けるのではなく、まずは症状の改善を第一に考え、グループでの活動に区切りをつけることになりました」と伝えている。

 卒業後は、「ソロとして音楽活動を続けていきたいという本人の意思もありますので、体調を観ながらにはなりますが、まずは歌唱動画の配信など出来ることから始めていく予定です」と伝え、所属事務所は「佐藤優樹の新しいスタートを引き続きサポートしていきます」としている。

 モーニング娘。’21は年内にシングルをリリース予定で、佐藤が参加する最後のシングルとなる。

■佐藤優樹本人コメント

皆さん、こんにちは、佐藤優樹です!!

長い期間コンサートを中心にお休みしてしまっていて申し訳ありません。
そして、今回、この離れている期間に卒業を決めてしまいすみません。

自分のコメントとしましては、あまり文章が得意ではなく、短くなっています。
すみません。でも伝えたい事や話したい事沢山あります。

12歳からモーニング娘。として活動して来て、10年が経って、ちょうど今22歳です。
色々な事を考え、話し合い、答えを出していく中で卒業という結論にたどり着きましたが、今は全く実感がわいていません。
ただ、やはり私はこの歳になっても迷惑を掛ける子なんだと、じわじわ実感しています。

これからも病気とは前向きに向き合いながら、体調とも相談しながらゆっくりになってしまいますが、卒業後もソロとして音楽に触れて活動して行きたいと思います。

モーニング娘。のメンバー全員と、つんく♂さんが作ってくださった楽曲を、ずっとお世話になっているファンの皆さんの前で歌える最後12月13日のコンサートまでは残り少ないのですが、最後までモーニング娘。佐藤優樹として頑張ります。