女優の原田知世が主演する10月8日スタートのドラマ『スナック キズツキ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の追加キャストとして、徳永えり、西田尚美、丘みつ子、堀内敬子、吉柳咲良、八嶋智人の出演が発表された。また、エンディングテーマは森山直太朗の書き下ろしによる「それは白くて柔らかい」に決まった。

 益田ミリの人気漫画を実写化する本作は、傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店“スナック キズツキ”を舞台にした物語。客を出迎えるのは、これまたちょっと変わった店主のトウコ(原田)。この“アルコールを置いていないスナック”で、温かい飲み物と、おいしい料理、そして歌ったり…日々ため込んでしまいがちなちょっとした「キズ」をスナックのママ・トウコと一緒に発散していく。

 今回発表された追加キャストは6人。徳永えりはコンビニ店員・冨田希美役、西田尚美は塚地武雅演じる悟志の妹で主婦の中島香保役、丘みつ子は悟志の母・佐藤ヨシ子役、堀内敬子は香保の同級生・南(鈴木)裕子役、吉柳咲良は裕子の娘・鈴木芽衣役、八嶋智人は小関裕太演じる潤の兄・瀧井和也役を、それぞれ演じる。

 皆それぞれ傷ついていて、知らないうちに傷つけ合っていて、気が付いたら“スナック キズツキ”が目の前に…。そんな不思議な関係性を持った“スナック キズツキ”のお客さんとして訪れる各話メインゲストを一癖も二癖もあるキャストが演じる。

 徳永は「私が演じる冨田さんの傷は、側からみれば気付かないくらい些細なものかもしれません。そんな小さな“キズ”に寄り添って、丁寧に演じたいです」、八嶋は「このドラマは劇的な事はちっとも起こらないけれど、人が生きてゆく時に、必要な栄養をくれるドラマです。どうか癒されて下さいませ」とコメントを寄せた。

 エンディングテーマに決まった森山直太朗の「それは白くて柔らかい」は、心地よいサウンドと、心にしみる歌詞と歌声で、悲しい時、辛くなった時に勇気と優しさを与えてくれる、「スナック キズツキ」の物語を締めくくるのにふさわしい楽曲となった。

 森山は「台本を読み原田知世さん演じるトウコさんの不思議な暖かさに触れ『それは白くて柔らかい』という歌がふと浮かびました。傷つく人がいて傷つける人がいる、又その傷を癒す人がいて世界は潤沢に回っている。物語の最後に静かに寄り添えたら幸いです」とコメントしている。

 ドラマ24『スナック キズツキ』は、テレビ東京系にて10月8日より毎週金曜24時12分放送(テレビ大阪の放送日時は未定)。