ムロツヨシ、上白石萌歌、久保史緒里(乃木坂46)、矢作兼(おぎやはぎ)らが出演するオムニバスドラマ『サマータイムマシン・ハズ・ゴーン』が、フジテレビにて10月8日25時5分に放送されることが決まった。

 本作は、京都を中心に活動する劇団・ヨーロッパ企画とフジテレビがタッグを組んで送る、青春系・時間SFオムニバスドラマ。

 ストーリーテリングパートと時間SF要素をふんだんに盛り込んだショートドラマ3本立てとなっており、ストーリーテリングパートにはムロツヨシ、各ドラマの主演に上白石萌歌、矢作兼、久保史緒里の出演が決定。さらに、石田剛太や酒井善史、永野宗典、本多力などヨーロッパ企画の面々が顔をそろえる。

 ストーリーテリングパートは、ムロとヨーロッパ企画のメンバーとの掛け合いによるコメディー仕立ての内容。

 3本のショートドラマのうちの1本『リマインド』では、主演の上白石がSF好きの女子大学生役、共演の戸塚純貴が同じくSF好きの男子大学生役を務め、2人が“タイムリープ”に巻き込まれていく姿を描く。

 2本目の『あいつのミラクルショット』では、主演のおぎやはぎ・矢作が京都で暮らすサラリーマン役を演じ、“パラレルワールド”の世界を描く。

 最後の物語『乙女、凛と。』では、主演の乃木坂46・久保がフォークデュオのボーカル役を演じる。

 総合演出・全体構成・脚本・監督を務めるヨーロッパ企画の上田誠は「『サマータイムマシン・ブルース』という映画があります。僕らヨーロッパ企画が、2001年に作った舞台をもとにした、タイムトラベル映画です。この映画でムロツヨシさんと出会い、今の僕らへつながる色んな人たちと出会い、その後もたくさんの時間ものを作るきっかけになりました。映画公開から16年の時を経て、そろそろまたタイムマシンに乗ってみたくなりました」と企画のきっかけを明かしている。

 『サマータイムマシン・ハズ・ゴーン』は、フジテレビ(関東ローカル)にて10月8日25時5分放送。