俳優の阿部寛が主演する2022年1月スタートの日曜劇場『DCU』(TBS系/毎週日曜21時)に、お笑いコンビ・土佐兄弟の有輝が「DCU」のダイバー役で出演することが発表された。有輝が連続ドラマにレギュラー出演するのは初めて。

 本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台に、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。「DCU」は、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決することだ。

 有輝が演じるのは「DCU」のダイバー捜査官・大友裕也。元特殊救難隊員で、人命救助などを行っていた人物で、航海士の資格を持つ“船マニア”でもある。

 これまで発表された「DCU」のダイバー役は、阿部寛演じる新名隊長、横浜流星演じる瀬能、高橋光臣演じる西野副隊長に次いで、有輝で4人目。有輝は本作に出演するため、ダイビングのライセンスも取得したという。

 有輝は「たくさんの方が見ている日曜劇場に出させていただくということで、大きな不安とそれ以上の大きな喜びでいっぱいです。連続ドラマに出させていただくことは初めてなので一生懸命頑張りたいです!!!!! ドラマを通じて土佐兄弟・有輝という人間をさらに皆様に知ってもらえたらなと思っています!」と意気込みを語った。

 また、主演の阿部については「顔合わせの時に阿部さんが『ダイビングって疲れるよな!』と声をかけてくださいました。こんなに偉大でテレビで見ていた大スターの方が気さくに優しく話しかけてくださることがとてもうれしく、このドラマのために一生懸命頑張ろう! という気持ちが強くなりました」と話している。

 日曜劇場『DCU』は、TBS系にて2022年1月より毎週日曜21時放送。