園子温監督のハリウッドデビュー作、映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の公開記念舞台あいさつが9日に都内にて開催。園監督、栗原類、坂口拓(TAK∴)、中屋柚香が出席し、園監督が本作の撮影中にニコラス・ケイジの身に起きた“出会い”を明かした。

 本作は、唯一無二の個性を発揮する園監督と、オスカー俳優のニコラスという2つの才能が融合して生まれた痛快エンターテインメント。架空の未来都市サムライタウンを舞台に、ニコラスが悪名高き銀行強盗・ヒーローを演じる。

 園監督は「15年以上前からハリウッドで映画を撮りたいという思いが強くて、何度も何度もハリウッドに行ってはオーディションを受けたりプロモーションしたりしていたんですけど、やっとハリウッドで第1作目が作れた。感無量であります。すごいうれしいです」と歓喜。

 坂口はアクション監督として、ハリウッド俳優であるニコラスに殺陣の指導を行った。坂口の指導について、園監督は「真夜中まで稽古して。いつもの弟子のように大変厳しくしごいているのを見て、『一応ハリウッドのスターなんだけどな』と思っていました」と笑わせる。

 本作に役者としても出演する坂口は「実は撮影で最後に自分と戦う時まで、ニコラス・ケイジだとわからずに普通に厳しく教えていたんです。クランクアップ近くの時に『あ、ニコラス・ケイジなんだこの人』って思った」と告白。坂口がハリウッド俳優を意識しなかった理由として、園監督は「本人がものすごい謙虚で、スター性を微塵も感じない。若手の俳優くらいに謙虚だったので、僕もまったくなにも考えずに演出していましたね」と明かしていた。

 さらにイベントでは、本作の撮影中に起きたニコラスの“出会い”にも言及。園監督は「ニコラスがマネキンの中から『この女の子は違う』『この女の子も違う』ってソフィア(・ブテラ)を探すシーン。その中でたった1人、心の中で『かわいいな』って思ったはずなんですけど、役柄の中では『この女は違う』って閉じちゃうんです。でも現実では『コイツだ!』って思って彼女を持ち帰ったっていう」と撮影の裏側を暴露した。

 後にニコラスのパートナーとなったその女性について園監督は「彼女はずっと前から僕の映画にいろいろ見学に来ていて、毎回来てくれているから今回は役を少しあげようと思ってあの役を渡したら、それでハリウッドドリームに行ってしまった。とてつもないことですよ」と驚きを隠せない。「ニコラス・ケイジは日本で結婚式をやりたいって言っていて、こういう状況だから出来てないけど、その時は仲人役で呼んでください」とリクエストしていた。