俳優の西島秀俊が主演し、村上春樹の短編小説を映画化した濱口竜介監督作品『ドライブ・マイ・カー』が、第94回米国アカデミー賞国際長編映画賞部門の日本代表に選出された。今後、各国の代表作品から候補作が絞られ、受賞作品は2022年3月に決定する予定。

 『ドライブ・マイ・カー』は、村上の短編集『女のいない男たち』(文春文庫刊)所収の同名小説を原作としたロードムービー。亡き妻との記憶にさいなまされ続ける舞台俳優・家福を主人公に、計り知れない喪失やほのかな希望をつづる。

 愛する妻を失った家福役を西島が務めるほか、寡黙ながら芯のある女性ドライバー・みさき役を三浦透子、物語を大きく動かすキーパーソンとなる俳優・高槻役を岡田将生、家福の妻・音役を霧島れいかが演じた。

 本作は、第74回カンヌ国際映画祭で日本映画史上初となる脚本賞ほか全4冠を獲得。その後も、トロント、サン・セバスチャン、ニューヨーク、ロンドン、釜山などの国際映画祭への出品が相次ぎ、ポン・ジュノ監督、アルノー・デプレシャン監督らが作品を絶賛。現在、47の国と地域で配給が決定するなど、世界中から大きな注目を集めている。

 日本では8月20日に公開され、約2カ月が経った今なお各地で上映中。10月15日より、TOHOシネマズ シャンテにてロングラン上映が行われる。