女優の米倉涼子が主演するドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第7シリーズ(テレビ朝日系/10月14日より毎週木曜21時)の主題歌が、歌手のAdoの新曲「阿修羅ちゃん」に決定。併せて大門未知子とのコラボビジュアルが解禁された。

 本作は、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進む米倉演じるフリーランスの外科医・大門未知子が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、手術や治療のため一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマシリーズ第7弾。米倉のほか、新キャストとして、野村萬斎や要潤、小籔千豊、杉田かおるらが出演する。

 2年ぶりに復活する第7シリーズの主題歌を担当するAdoは、2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲「うっせぇわ」がミュージックビデオ&ストリーミング累計再生回数が合計4億回を突破し社会現象となったアーティスト。その後もヒット作を連発し、10代ソロシンガー初となるストリーミング累計「1億回」再生楽曲3曲を保持している。

 そんなAdo7曲目のオリジナル曲で、詞曲・編曲をボカロPのNeruが担当した新曲「阿修羅ちゃん」は、事前に聴いた主演の米倉いわく「テイストとしては、パワフルな感じで歴代のドクターXの主題歌の流れを引き継いでいる」、「この曲で背中を押してもらっているという感じがあります」という楽曲。14日の初回放送の中で初解禁となる。

 そして主題歌決定に伴い、Adoのアーティスト写真などを手掛けるイメージディレクター・ORIHARA描き下ろしによる大門未知子×Adoのコラボビジュアルも公開。イラストを見た米倉は、「上手〜!よく私あのポーズする、と思って。ありがとうございます!」と感想を述べている。

 Adoは、「主題歌を歌わせていただけるなんて光栄な限りです…。特に親がドクターXが大好きなのでとても喜んでいることかと思います」と語り、「とてもリズミカルでポップな楽曲を阿修羅とかき合わせた棘がある歌詞に注目していただきたいです」とコメント。

 一方米倉は、「すごくドラマの世界観とマッチして、相性がいい気がする!『本当にありがとう!』って思いました!」とアピールした。

 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』は、テレビ朝日系にて10月14日より毎週木曜21時放送。初回は15分拡大。Adoが歌う「阿修羅ちゃん」は10月28日配信リリース。