女優の福本莉子とTravis Japanの松田元太がダブル主演を務める映画『君が落とした青空』より、2人が意味深な表情を浮かべるWEB限定ティザービジュアルが解禁された。

 本作は、全国の女子中高生から人気を集める小説アプリ「野いちご」で“切ない小説ランキング”第1位を獲得、2012年に書籍化、現在発行部数16万部を記録している櫻いいよの小説『君が落とした青空』(スターツ出版)を映画化した号泣タイムリープ・ラブストーリー。

 主人公・水野実結役を、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)で浜辺美波とダブルヒロインとして出演し注目を集めた福本が演じ、実結と交際する篠原修弥に、ジャニーズJr.内ユニット「Travis Japan」のメンバー・松田元太がふんする。監督は、ドラマ『おっさんずラブ』などを手掛けたYuki Saito。

 付き合いはじめて2年経つ高校生の実結と修弥。“毎月1日は何があっても必ず一緒に映画を観に行く”という約束通り、その日も映画館デートへ向かう2人だったが、修弥は急用を理由に突然キャンセルしてしまう。最近何かを隠しているような雰囲気だった修弥に、どこか不安を感じていた実結。気まずい空気の中、「もう一度話したい」と連絡してきた彼と会うため、待ち合わせ場所に向かうが、目の前で修弥が交通事故に遭う。

 実結は突然の事故にパニックになるが、目が覚めると事故当日の朝に戻っていた。“修弥を助け出す”と心に決めた実結だったが、何度も「同じ日」を繰り返す中で、彼が隠していた事実を知る。果たして、実結は修弥を助けることができるのか―?

 解禁されたWEB限定ティザーポスターは、「青空」というタイトルとは対照的に、傘をさしている2人の写真が上下に配置されたもの。実結役・福本の力強い視線が目を引く一方で、修弥役・松田は意味深な表情を浮かべている。そして実結の横には「私はまだ、君を知らなかった」というコピーが添えられており、何度も同じ日を繰り返す中で、修弥の“ある真実”を知った実結の切ない心情が垣間見られるビジュアルとなっている。

 映画『君が落とした青空』は2022年初春全国公開。