俳優の金子大地と醍醐虎汰朗がダブル主演し、11月26日配信開始となるHuluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』の追加キャストとして、篠原悠伸、Hina(FAKY)、藤森慎吾、宇野祥平の出演が発表された。

 本作が映し出す世界は、AI恋人、脳内チップ、脳内記憶の削除や移植ーデジタル技術により社会が大きく変貌した2036年の日本。そんなデジタル化社会の底辺にいる若者が、配信動画WeTuber〈正義マン〉として、“元気”“友情”を武器に“バカパワー全開“の体当たりで、一獲千金・人生大逆転を夢見て、日本の将来の危うい姿を痛快にあぶり出す。

 金子が底なしの優しさと豊かな感性を持つミツル、醍醐がヤンチャで明るいカケルを躍動感たっぷりに演じる。全編POV(主観映像)手法を取り入れ、映画『不能犯』『恋するけだもの』の白石晃士監督が自らカメラを持って全編を撮影した。

 今回発表となった追加キャストは、<正義マン>をカメラで撮り続けるもうひとりの相棒・田中役に篠原悠伸。ミツルたちが憧れるデジタルハイスペック超人気カリスマWeTuberキリタ役に藤森慎吾。その妹で同じく人気WeTuberアコ役にHina(FAKY)。さらに、彼らの人生を大転換させるキーパーソン〈マネキンおじさん〉を宇野祥平が怪演する。

 篠原は「この作品のほとんどのシーンは、田中のカメラが捉えたものです。つまり白石監督が観せたいものはほとんど田中が撮っているということで、田中と白石監督はもはやイコールで、田中が監督でもあり、白石監督が田中でもあり、僕も田中であるから、僕は白石監督でもあるのか、と不思議な感覚でした」と撮影を振り返る。

 Hina(FAKY)は「アコはすごく明るく真っ直ぐで自分の意志がしっかりしているので、私がお手本にしたい女の子像です」とコメント。

 藤森は「キリタは銀髪にエキセントリックなサングラスをした謎めいたカリスマで、強くて、賢くて、秘密が多い人物です。今までに演じたことのない役で、見た目からただ者ではない感じが漂っていてとても楽しく演じることができました。“カリスマWeTuber”というキャラクターは、相方(中田敦彦)を参考に役作りをしたところもあります」と告白。

 宇野は「白石晃士監督の作品に参加すると、いつも監督は純粋な人だな、と思います。純粋ゆえに変態に見える時があります。その部分が『未来世紀SHIBUYA』にも、すごく出ているんではないかと思います」と語っている。

 これらのキャストが配されたメインビジュアルには、混とんとした未来都市と、その社会の中で生き抜く若者たちのパワーが共存する本作のディストピアが描かれている。

 Huluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』は、11月26日より一挙独占配信。全6話。