女優の有村架純が主演する映画『前科者』の追加キャストとして、リリー・フランキー、木村多江らの出演が発表された。

 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)連載中の同名漫画(原作・香川まさひと、作画・月島冬二)を実写化する本作は、罪を犯した‟前科者“たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。

 2017年に公開された『あゝ、荒野』で国内の映画賞を総なめにした岸善幸が、有村を主演に迎え、連続ドラマ&映画の2つの形で実写映像化に挑む。WOWOWにて11月20日より放送・配信される連続ドラマ版では、新人保護司の阿川佳代がさまざまな‟前科者”と向き合い成長する様を描く。映画版は、佳代が保護司として現在進行形の凶悪犯罪と向き合う社会派サスペンスとして制作される。

 有村が演じる主人公・阿川佳代は、罪を犯した「前科者」たちの更生・社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司の女性。共演には、佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日姿を消し再び警察に追われる身となる男・工藤誠役を、6年ぶりの映画出演となる森田剛。工藤を追う若手刑事・滝本真司役を磯村勇斗が務める。

 今回発表された追加キャストは7人。幼いころ工藤を置いて消えた義父・遠山史雄役にリリー・フランキー。阿川に助言をする弁護士・宮口エマ役に木村多江。工藤誠の前に現れる謎の男・実役に若葉竜也。そして、滝本の上司でバディとして行動を共にするベテラン刑事・鈴木充役をマキタスポーツが演じる。

 さらに、連続ドラマ版『前科者』から、斉藤みどり役の石橋静河、高松直治役の北村有起哉、松山役の宇野祥平が続投キャストとして出演する。

 映画『前科者』は、2022年1月公開。