全世界で600億円超の興行収入をあげたアニメ映画『ボス・ベイビー』の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』より、ムロツヨシが吹き替えを担当する主人公ボス・ベイビーが作品の魅力をプレゼンする特別映像が到着した。

 本作は、2018年に日本でも公開され興行収入34億円超の大ヒット、アカデミー賞にもノミネートされた、ドリームワークス・アニメーション史上、日本歴代No.1作品『ボス・ベイビー』の続編。

 今回の舞台は前作『ボス・ベイビー』の25年後の世界。大人になった兄弟ボス・ベイビーとティムの元に、「悪の天才博士が世界征服を企んでいる」という情報をキャッチしたベイビー社から、ティムの次女ティナが“ボス・レディ”として派遣される。ボス・レディは疎遠だった2人をスーパーミルクで赤ちゃん返りさせ、兄弟2人組として潜入捜査に向かわせることに。“見た目は赤ちゃん、中身はおっさん”の2人が、史上最大のミッションに立ち向かう。

 ムロがボス・ベイビー、多部が新キャラクターのボス・レディを演じる。そのほか、前作でティムの吹き替えを担当した芳根京子が、本作では父親となったティムの長女タビサ役に。また、前作の終盤で大人になったティムを演じた宮野真守が、大人のティムと子供返りしたティムを担当。さらに、母親ジャニス役、父親テッドシニア役をそれぞれ演じた乙葉と石田明(NON STYLE)も同じ役で参加する。

 解禁された映像では、スーツ姿のボスベイビーが最新作の魅力を“ボス流”にプレゼン。「アクション、ファイヤー、ミステリー。ちょっと際どいシーンもあるぞ」などと、用意したグラフやカンペを確認しながら説明していく。しかしその後、さらりと「実はこの話、寝返りの練習中に頭に浮かんだんだよな」と明かすなど、見た目と中身のギャップが相変わらずな姿を披露する映像となっている。

 さらに映像の最後には、新キャラクターのボス・レディの姿も登場。ボス・ベイビーが乗り込むエレベーターに駆け込もうとするもギリギリで閉まってしまう。その際に「ボスは待ったりしない」とあしらわれたボス・レディは「大人げない!」と憤慨し、ボス・ベイビーに見事な仕返しをする場面も。一切気後れしないボス・レディが、最新作でどのように活躍するのか期待が高まる。

 アニメ映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、12月17日より全国公開。