NEWSの増田貴久が主演し、11月20日から再演されるミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』より、増田をはじめメインキャストが集結した公演ビジュアルが解禁された。

 本作は、1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた傑作コメディーミュージカル。

 ビルの窓ふき清掃員フィンチはある日、『努力しないで出世する方法』という本を読んで感化され、“入るべきは大企業”という本の教えに沿ってワールドワイド・ウィケット社に飛び込むと、社長の関係者だと勘違いされ首尾よく入社。トントン拍子に出世し、全てが順調だったある日、重大なアクシデントが発生し…。

 1962年のトニー賞では最優秀ミュージカル作品賞など7冠を達成。1995年にはマシュー・ブロデリック主演でリバイバル上演、さらに2011年にはダニエル・ラドクリフ主演で再び上演され、トニー賞8部門にノミネートされるなど、世代を超えて愛される名作だ。

 2020年9月、増田主演で、2011年版クリエイティブチームの一人であるクリス・ベイリーの演出・振り付けによる新演出のもと上演。初めて海外ミュージカルに挑んだ増田は、抜群の歌唱力と表情豊かなダンスを十二分に見せ、ポジティブなエネルギーに満ちたフィンチ役を好演した。

 再演となる今回の舞台には、主演・増田をはじめ、唯月ふうか、松下優也、雛形あきこ、黒須洋嗣、林愛夏、ブラザートム、春野寿美礼、石川禅と、多彩なキャストが集結。ビルの窓ふき清掃員から大企業の幹部へと出世街道をひた走る若者のストーリーにふさわしいポップで力強い楽曲、そして軽快でパワフルなダンス。スタイリッシュなコメディーミュージカルを華やかなキャストが彩る。

 主演の増田は「フィンチが明るくまっすぐな人であるのは今回も変わらないですが、再演なので、また違ったアプローチもできるかなと思っています。今回から新しくご一緒する方もいらっしゃいますし、前回より成長したところをしっかり活かせる事ができればと思います」とコメントしている。

 ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』は、東京・東急シアターオーブにて11月20日〜12月7日、大阪・オリックス劇場にて12月14〜16日上演。