俳優の柳楽優弥が主演を務め、女優の井上真央、NEWSの加藤シゲアキが共演するドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』(日本テレビ系/毎週土曜22時)が今夜スタート。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」などと過激な言動で波紋を呼びながらも生徒を志望校合格に導こうとする塾講師・黒木蔵人の人生攻略ドラマを描く。

 本作は、中学受験の実態をリアルに描いた高瀬志帆の同名漫画(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)を実写化。中学受験を舞台に、そこから見えてくる「家族問題」「教育問題」など、現代社会のさまざまな問題に切り込む。

 最強・最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人役で柳楽が主演。黒木と同じ桜花ゼミナール吉祥寺校の新人講師・佐倉麻衣役で井上真央、黒木の元部下で超名門中学受験塾のトップ講師・灰谷純役でNEWSの加藤シゲアキが共演。そのほか、池田鉄洋、瀧内公美、今井隆文、加治将樹、住田萌乃、岸部一徳らが脇を固める。

 2月、雪の降る中学受験当日。試験会場の正門前には、日本一の合格実績を誇る「ルトワック」のカリスマ塾講師・黒木蔵人(柳楽)が傘もささずに立っていた。そこには、桜花ゼミナールで研修中の塾講師・佐倉麻衣(井上)ら塾講師たちが、受験生応援のために続々とやってくる。

 会場へ向かう受験生を見送っていると、そこに理科の公式を忘れてしまいパニックになっている桜花生が。しかし、算数担当の佐倉はその生徒の質問に答えてあげられない…。焦る佐倉をよそに、隣にいた黒木が淡々と公式を告げる。お礼を言う佐倉に、黒木は「研修中の講師を応援に送り込んで受験生をパニックにさせるなんて、桜花のやることは理解できない」と厳しい言葉を残して去っていった。

 その2週間後。新学期を迎えた桜花ゼミナール吉祥寺校に、なんと黒木が新校長としてやってくる。入塾説明会に集まった親たちに、「合格に必要なのは、父親の経済力と母親の狂気」と受験の厳しさを突き付ける黒木。受験の残酷な現実に多くの親がショックを受ける中、なんと黒木は全員の第1志望合格を約束すると断言。その見事な演説によって、説明会の参加者全員を入塾希望者に変えてみせたのだった。

 一方、研修生だった佐倉も正式に桜花の塾講師となるが、黒木は桜花の講師たちに対しても容赦がない。そんな黒木の過激な言動に振り回されつつ、佐倉の塾講師としての日々が始まる。

 土曜ドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第1話は、日本テレビ系にて10月16日22時放送。