俳優の神尾楓珠が主演する映画『20歳のソウル』の追加キャストとして、福本莉子、高橋克典、平泉成、塙宣之(ナイツ)、石黒賢らの出演が発表された。

 本作は、千葉県船橋市立船橋高校に代々受け継がれている応援曲「市船soul」を作曲した一人の青年・浅野大義さんと、市船吹奏楽部の絆が生んだ奇跡をたどった小説『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』(小学館)および『20歳のソウル』(幻冬舎文庫)の映画化。

 応援曲「市船soul」は、市船を勝利へ導く神応援曲としてSNS上で話題になった。その名曲誕生の裏側には、がんにより20歳の若さで短い人生の幕を閉じた浅野大義さんという青年がいた。生前、市船の吹奏楽部員だった大義さんは、野球部を応援する曲を作りたいと「市船soul」を作曲。その楽曲は、運動部員たちや吹奏楽部の仲間たちを勇気づけ、さらには病に侵された彼自身にも生きる力を与える曲になった。

 大義さんの告別式には、吹奏楽部顧問・高橋健一先生の「大義のために演奏しよう」という呼びかけに、164名もの市船吹奏楽部OBが集まり、1日だけのブラスバンドを結成。「市船soul」を演奏し、大義さんを送り出した。大義さんの母・浅野桂子さんは、告別式での出来事を新聞に投稿。記事を読んだ原作者・中井由梨子氏が取材し、大義さんの物語を小説化。そして映画化につながった。

 今回発表された追加キャストは13人。

 福本莉子が演じるのは、主人公・浅野大義の恋人・宮田夏月。音楽大学に進学した大義と交際していた夏月は、病と闘う大義を励まし、最後まで傍にいて支えた。福本は「初めて脚本を読んだ時、大義くんと同じ20歳の自分自身を重ねて涙が止まりませんでした。そして大義くんの言葉や懸命に生きる姿に沢山の勇気を貰いました」とコメントを寄せている。

 また大義の主治医・星野拓朗役には高橋克典、祖父・浅野忠義役に平泉成、吹奏楽部の仲間・秋田豪役に前田航基、田崎洋一役に若林時英。このほか、塙宣之、石黒賢、佐藤美咲、宮部のぞみ、松大航也、池田朱那、石崎なつみ、菅原永二の出演も決まった。

 映画『20歳のソウル』は、2022年初夏全国公開。