俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)より、大河ドラマ初出演となる大島優子をはじめ、泉澤祐希、同じく初出演の愛希れいから、新政府を辞め実業界へと飛び込む栄一と関わる、新たな出演陣13名が一挙発表された。

 大河ドラマ第60作となる本作は、約500の企業を育てた上、約600の社会公共事業に関わり、「日本資本主義の父」とも呼ばれた渋沢栄一の生涯を描く。栄一役の吉沢、徳川慶喜役の草なぎ剛のほか、ベテランから若手注目株まで豪華キャストが集結。連続テレビ小説『あさが来た』などの大森美香が脚本を担当する。

 物語は、栄一が新政府を辞め、実業界で一筋縄ではいかない強力なライバルたちと熾烈な戦いを繰り広げる中、家族にもさまざまな大きな出来事が発生。そして、経済成長を続ける日本に軍国主義の影が忍び寄り、栄一は自分のしてきたことについて自問自答するが、「日本を守る」という強い意志を胸に世界へ飛び出していく姿が描かれる。

 今回発表されたのは、そんな栄一の一族や、関わる女性たち、そして実業界の強者たちを演じる13名のキャスト陣。

 大河ドラマ初出演となる大島が演じるのは、「伊勢八」の名で知られた豪商で、明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまう伊藤八兵衛の娘・兼子役。路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意した兼子は、門をたたいた置き屋で、三味線の師匠として出入りしていた円四郎の妻・やす(木村佳乃)と出会うこととなる。

 大島は初の大河ドラマ出演に、「お話が来たときは、喜びと興奮で、歓声をあげました」と語り、「携わっているすべての方の費やしてきた時間と重みを一身に受け止めて、大切にバトンを握り締めようと心に決めました。最後まで、振り落とさずに走り抜けたいと思います」とコメントした。

 泉澤が演じるのは、栄一の息子・篤二役。篤二は急逝した母・千代(橋本愛)の代わりとなった姉・歌子に厳しく育てられるが、多忙を極める父・栄一が実業家として偉大になるほどに、嫡男の立場が重圧となり、やがて放蕩を重ねるようになるという役どころ。そしてこちらも大河ドラマ初出演となる愛希が演じるのは、井上馨の妻・武子役。大隈重信の仲介で馨と再婚した武子は、西洋風の社交術を学び、千代たち女性のよき先生となって大活躍。後に外務卿となった夫の鹿鳴館外交を支え、「鹿鳴館の華」と呼ばれるようになる。

 泉澤は、「(篤二は)風流才子、多趣味、そして人当たりの良い方だったと聞きます。楽しみながら渋沢篤二さんを生きられればと思っておりますので、よろしくお願いいたします」、愛希は「新たな挑戦で緊張していますが、大河ドラマ『青天を衝け』に出演できる喜びと幸せを胸に、精いっぱい努めて参りますので、どうぞよろしくお願い致します」とそれぞれメッセージを寄せた。

 そのほか、栄一の孫・敬三役で笠松将、歌子の夫・穂積陳重役で田村健太郎、栄一の娘・琴子役で池田朱那、琴子の夫・阪谷芳郎役で内野謙太が出演。

 さらに井上馨(福士誠治)・武子夫妻の養女・末子に駒井蓮、益田孝(安井順平)の妻・栄子に呉城久美、大倉喜八郎に岡部たかし、妻・徳子に菅野莉央がふんし、岩崎弥太郎(中村芝翫)の弟・弥之助役で忍成修吾、第一国立銀行の行員・佐々木勇之助役で長村航希の出演が決定した。

 なお、大島、愛希のほか、駒井、呉城は大河ドラマ初出演となる。

 大河ドラマ『青天を衝け』は、NHK総合にて毎週日曜20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。