11月6日21時放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21 秋の特別編』(フジテレビ系)の「ふっかつのじゅもん」で主演する俳優の桐谷健太が、「グッと感動ができる作品になっていると思いますし、ちょっとゾクッとさせる部分もあります!」と作品の確かな手応えを語った。

 今回の秋の特別編は4つのオムニバスストーリーで構成。それぞれの主演を、桐谷のほか、森七菜、赤楚衛二、山口紗弥加が務めることが既に発表されている。

 演技派俳優の桐谷がシリーズ初出演で初主演を務めるのは、テレビゲーム『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』を題材とした短編ドラマ『ふっかつのじゅもん』。桐谷演じる主人公・中岡賢一は、息子の祐樹(笹木祐良)と実家の片付け中にゲーム機とソフトを見つける。そのソフトは『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』で、「ふっかつのじゅもん」と書かれた48文字のひらがなが書かれた紙片が貼ってあった。

 祐樹はすきを見て、その「ふっかつのじゅもん」を入力し、ゲームをしているといつの間にか一人の小学生が現れる。賢一は、祐樹の友達だと思い、放っておくが、ある違和感を覚える。賢一はその違和感を拭うために、ふと卒業アルバムを見る。すると、そこにはさっきまで祐樹と遊んでいた小学生の姿が…。その正体は、賢一が小学生の頃よく遊んでいた友達で、小学5年の時に近所の川で亡くなってしまった良介(石田星空)だった。このあり得ない状況にひどく動揺する賢一は、もう一度、良介に会うために『ドラゴンクエストII』を起動し…。

 桐谷は本シリーズ出演について「夢だったので、出演できてうれしく思っております」と語った上、「ウソみたいな本当の話ですが、このオファーが来る前に僕の頭の中で“ロトのテーマ(『ドラゴンクエスト』のゲーム音楽)”が流れたんです…偶然に! その後すぐにマネージャーさんから『世にも奇妙な物語』の話が来たと聞き、それも『ドラゴンクエスト』の話と言われ、即決で“やります!”と返事をしました」と運命的なエピソードを明かした。

 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21 秋の特別編』は、フジテレビ系にて11月6日21時放送。