女優の天海祐希と草笛光子が、本日10月22日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系/毎週金曜20時57分)にゲスト出演。天海と草笛はそれぞれ、これまでの壮絶な人生を振り返る。

 番組では天海について全国の女子3000人に緊急調査を実施し、一般的な天海のイメージが明らかとなる中、『ウエスト・サイド物語』に魅了された彼女が女優を目指したそのアツい理由や、「毎日フレンチ食べてそう」という世間のイメージに、思わず「そんなわけない! 1人でラーメンだって余裕で食べる!」とぶっちゃけトークを繰り広げる。さらに「休日にお昼寝をするのが幸せ」と語る“ガッツリインドア派”の天海のオフの1日の意外な過ごし方が明かされる。

 また、17歳で親元を離れた天海が人生で後悔していることや、亡き父に伝えられなかった想い、父との思い出、父から教わったことなど心の内を赤裸々に告白。また、かつて天海が主演を務めたドラマ『女王の教室』(日本テレビ)で生徒役を演じた伊藤沙莉がVTRで登場し、子役時代に天海から授かった「今でも支えになっている」という忘れられない言葉が披露されるなど、これまであまり語られてこなかった“オンとオフ”両方の天海祐希、その理想と現実が明らかとなる。

 本日88歳の誕生日を迎えた草笛は、“過去と未来”をテーマにトークを展開し、超壮絶な人生をプレイバックする。「死のうと思って車道に飛び込んだ」と役にのめり込み過ぎた末の衝撃の体験にはMC中居が驚愕。さらに草笛は「女優としてやり切れてない」と語るのだが、果たしてその言葉の意味とは。

 また、80代となってもハイヒールでステージ上を駆け回る草笛が、全額自己負担で開催した舞台、彼女が舞台に懸ける思いを吐露。そして88歳になった今でもなお輝き続け、若々しくいるための美の秘訣を告白し、毎日行っているという意識高過ぎるルーティンに、スタジオ中が驚愕の嵐に包まれる。

 天海祐希、草笛光子が出演する『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』は、TBS系にて今日10月22日20時57分放送。