俳優の菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工が22日、都内で開催された映画『CUBE 一度入ったら、最後』初日舞台あいさつに出席。菅田は、色白な岡田が撮影中ずっとゆで卵を食べていたことに触れ「共食いだなと思いました」と語って会場を沸かせた。

 本作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による密室スリラー映画『CUBE』のリメイク。さまざまなトラップが仕掛けられた部屋に閉じ込められた男女が織りなすサバイバルを描く。主演を務めた菅田は、客席を見渡し「100パーセントお客さんが入っている劇場、久々に見ました。すごくうれしいです!」と笑顔。

 また撮影中のプチ情報として「まあくん(岡田)は、ずっとゆで卵を食べてました」と報告。これは岡田の朝のルーティンだそうで、菅田は「僕は毎朝、真っ白くてつるつるしたものを、真っ白くてつるつるした者が食べているから、共食いだなと思いました」と岡田をいじって会場を盛り上げた。

 この日は、メガホンをとった清水康彦監督も出席したほか、『CUBE』のナタリ監督がアメリカから中継で登場する一幕も。菅田は「日本へ来たことありますか?」と質問すると、ナタリ監督は「何度も来ています。そして日本は大好きです」と回答。続けて菅田が「いつか日本で映画を撮ってくれますか?」との呼びかけに、ナタリ監督は「実は、日本で撮影することが、僕の1番の大きな夢の1つなんです」と笑顔で明かし、菅田は「お待ちしています!」とにっこり。ナタリ監督は「そんな風に言われたら、今飛行機に乗りたくなるじゃないですか(笑)」と返していた。

 舞台あいさつの最後に、改めてマイクを握った菅田は、コロナ禍での撮影を踏まえ「今日こうやって公開できることが本当にうれしいです。ぜひ楽しんでください」とコメント。杏は「まだまだ気をつけなきゃいけないこともたくさんあるんですけれども、少しずつ少しずつ、みんなで前に進んでいけたらなと思います」と気持ちを口にした。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』は10月22日公開。